発売開始が待ち遠しいぞ!懐かしの名車スズキ「GT380B」がプラモデルで蘇る!

決して多数派ではないものの、「バイクは絶対スズキ!」と信じてやまない信者=鈴菌さんが喜ぶプラモデルがリリースされます!

マニアックなプラモデルと言えば、先日ご紹介したタミヤの……

あの名車がプラモデルで蘇る!タミヤからヤマハ「RZ250」&「RZ350」がリリースされるぞ!

「RZ250」&「RZ350」も充分にマニアックではあります。が、今回のハセガワのプラモデルはそれ以上なのです!

スズキ「GT380B」とは?

それがタイトル画像でパッケージをご紹介した、ハセガワの1:12スケールのプラモデル「スズキ GT380 B」。新金型で作られる意欲作なのです!

そもそも「GT380」は、1972年に発売が開始された、スズキの傑作中型ロードスポーツ・モデル。今となっては夢のような、空冷2ストローク直列3気筒エンジンを搭載。精悍なボディに左右2本出しの4本マフラーを備えた重厚なデザインを採用していました。

稀に現在でも市場で見掛けることがありますが、ご存知の通りプラミアムがついており、極めて高値で販売されています。

スズキ「GT380B」がハセガワのプラモデルで登場!

さて、今回発売されるキットでは、フロントブレーキがドラム式からディスク式に変更された「GT380 B」をモデル化。徹底した実車取材により、特徴のあるエンジンや内・外装部品を精密に再現し、実車を組み立てる感覚で製作できます。

残念ながら完成品の写真は公開されていませんが、パーツの色分けとメッキパーツの採用により、塗装しなくても実車に近いイメージを再現できるのだそうです。

パーツ数は203と、比較的お手頃。全長173.5mm、全高93mmと、サイズもコンパクトなので、飾っておくにも嵩張りませんね。

気になる発売日と価格は?

さて、気になる車両本体価格(笑)ですが、3,672円(消費税込み)と、実車と異なり大変リーズナブルとなっております。

そして発売日は、2017年12月22日頃、とのこと。ちょっと先ですね。楽しみに待ちましょう!

1:12 スズキ GT350B プラモデルのディテール

【パーツカラー】

  • ブルー:タンク・サイドカバー他
  • ブラック:フレーム・シート他
  • グレー:エンジン他
  • クリアー:ヘッドライト他

【メッキパーツ】

  • フロント/リアフェンダー
  • ホイール・マフラー
  • サスペンション
  • エンブレム他

【デカール(マーキング)】

  • SUZUKIロゴ・タンクのライン他

参考-ハセガワスズキ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。