通称タケノコ!電動ドリルの便利な使い方とは?

ちょっと前に『削りながらも手元が見えるディスクグラインダー!!』という記事を書きましたが、サンダーは持っていなくても、電動ドリルはお持ちの一般家庭はかなりあると思います。先端のビット交換で様々な工具に早変わりしますし、もちろん最も使用頻度が高い”穴あけ”にも大変重宝な一品ですから、ポール・ギルバートばりのギターの早弾き以外の用途でも電動ドリルが使われる頻度はかなりあると思います。

穴あけに重宝する”ドリルっ歯”

通称タケノコ!電動ドリルの便利な使い方とは?

そんな電動ドリルでの穴開けですが、時には大きい穴を開けたい時もあるでしょう。FRPなどで大きな穴を開ける場合には「ホールソー」を使うと刃が安定するので良いのですが、どうしても多様なサイズを購入しなければならなくなります。

通称タケノコ!

通称タケノコ!電動ドリルの便利な使い方とは?

そこでより様々なサイズ&材質に対応できるドリルっ歯がこちらの『ステップドリル』。先端から段々になっているその形状を模して、現場では『タケノコ』などでの愛称でも親しまれている切削工具だ。

通称タケノコ!電動ドリルの便利な使い方とは?

ステップアップするサイズはドリルっ歯によって様々ですが、こいつは1本持っていて損はないですよ!

通称タケノコ!電動ドリルの便利な使い方とは?

基本は小さめの穴を一発開けておいて、ステップドリルを突っ込むだけ。

通称タケノコ!電動ドリルの便利な使い方とは?

ちなみに使用する前に歯にマスキングテープを巻いておけば、どこまで入れれば希望のサイズになるかも分かります。

通称タケノコ!電動ドリルの便利な使い方とは?

ドリルがルンルンクルルンルンと歌っている間に簡〜単に大穴が開口です!

昔は1本1万円とかした高額な切削工具でしたが、今はこのステップドリルも数千円から変えてしまう世の中です。お高い工具は精度も高くて使い勝手も良いのは当然ですが、それほど精度を求めない日曜大工なら数千円のステップドリルは重宝することでしょう!

【関連記事】

作業がスゴイはかどる!つかみ系最強工具はコレ!!

削りながらも手元が見えるディスクグラインダー!!

メカニックの”あるある体験”を減らせる便利なニッパー!

みんな大好き!SNAP-ONの歴史が2分30秒でわかる動画

バイクに装着するバッグの中で最強に便利な素材とは?

NANDY小菅

NANDY小菅

各種バイク誌で活躍しているフリーライター。バイクとアニメの探究者で著書に「アニメバイク本」、「ご奉仕大好き! メイド本」など。所有バイクは15台くらい。