これはワイルド!ハーレー”V-ROD”のエンジン型のパソコン

ハーレーに乗っている方も、そうでない方も、やはりハーレーのエンジンには造形美を感じますよね。そんなハーレーエンジンの造形美の中でも、ズバ抜けてインパクトのあるエンジンといえば水冷V型2気筒エンジンの”V-ROD”!

今回は、中国企業の”Micle”社が、V-RODのエンジン風のパソコン「Proud of Blood」を開発したので、ご紹介いたします。

“V-ROD”エンジン風パソコン「Proud of Blood」

これはワイルド!ハーレー"V-ROD"のエンジン型のパソコン

この「Proud of Blood」は、 ハーレーダビッドソンの中でも一際異彩を放つ水冷エンジンの”V-ROD”エンジンを模した形状となっています。また、エンジンだけではなく、ラジエーターやタンク、エキパイの取り回しにいたっても、かなり忠実に再現されているのです!

ちなみに、下記が本物の”V-ROD”のエンジンです。何から何まで再現されていますね。

これはワイルド!ハーレー"V-ROD"のエンジン型のパソコン

大きさだってソレっぽいスケールで再現!

これはワイルド!ハーレー"V-ROD"のエンジン型のパソコン

再現したのはエンジン形状だけではなく、サイズ感もだいぶ寄せてきています。

高さは約90センチということで、一昔前のパソコンよりも大きいのだが、鼓動が伝わってきそうなくらいダイナミックなスケールなので、インテリアとしてもいけるのではないでしょうか。

どこで買えるの?詳細は?

これはワイルド!ハーレー"V-ROD"のエンジン型のパソコン

90台限定生産とのことですが、結構豊富なラインナップがあります。

価格は約30万円から約110万円までと、ちょっと高めの設定となっていますが、一番ハイスペックのマシンには、CPU:Intel Core i7、メモリ:32GB、SSD:960GB、HDD:3TB、水冷式ラジエーター付き、グラフィックカードにGeForeceを搭載など、ヴィジュアルだけではなく中身も充実しているのです。

限定生産ということなので、シリアルナンバーも刻まれるようです。

これはワイルド!ハーレー"V-ROD"のエンジン型のパソコン

今回紹介した「Proud of Blood」の詳細は、中国のクラウドファンディングサイト”JD Finance “にて掲載されており、4/27まで申し込みを受け付けているようです。V-ROD乗りの方はマスト・バイなのではないでしょうか。

参考 – JD Finance

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。