あの有名店のアレは本当にあの現象は起きないのだろうか?

暑い季節の到来である。そうなれば食べたくなるのは冷たい物と相場は決まっている。

涼を求めて川下りにでも、秩父長瀞方面はツーリングスポットとしてこれからの季節は多くのバイク乗りが走りに向かうだろう。道も良く、運が良ければ蒸気機関車と並走出来る、走って最高の秩父長瀞方面。美味しいものも沢山あるので、グルメツーリング派にも嬉しい。

蕎麦、味噌豚丼、わらじカツと名店が目白押しだが、その中でも夏といえばココ「阿左美冷蔵」! 天然氷を使用した絶品のカキ氷は、全国からファンが押し寄せる聖地とも呼ばれている。

明治23年創業、天然氷で作られたカキ氷は、ふわふわな食感、口の中で瞬く間に溶けていく喉越しなど、普通のカキ氷とは全くの別物の美味しさだ。それだからこそ夏の休日ともなれば3時間待ちもあるほどの盛況ぶり。

あの噂は本当なのか検証してみた

6月の梅雨の晴れ間、日曜日の11時。もはや長蛇の列で1時間待ちの列に並ぶ。

あの有名店のアレは本当にあの現象は起きないのだろうか?

11時でこの列。1時間待ちだが代表者が並べばいいとのことなので、仲間で行ったのであれば順番に並べばいい。

警備員の方の情報によると、昼ご飯時は列が少なくなり、食事後にデザートを食べに一気に列が増えるらしいので12時前後が狙い目かもしれない。

あの有名店のアレは本当にあの現象は起きないのだろうか?

メニューはこんな感じだ。列に並んでいる時にオーダーを取りに来てくれる。

実は今回列に並んでも食べたかったのには噂の検証をしてみたかった一面もあった。

その噂とは。「天然氷はがつがつ食べても頭がキーンと痛くならない」である。

本当なのだろうか。

今回は7人で来店し検証してみた。

あの有名店のアレは本当にあの現象は起きないのだろうか?

これが完成品。シロップは掛かっていなく、右のシルバー容器に入っているので、少しづつかけて食べる。小鉢は白あんでこれも氷にぴったり。梅干はお口直し。

氷の食感、口溶けは噂通りの絶品である。オススメの「秘伝蜜」は和三盆を使った上品な味で氷自体の素材を邪魔しない。美味い、良い食感、なのだからがつがつとかき込むのは簡単だ。見た目は非常に多いが女性でも普通に食べられるのは、やはり天然氷だからこそか。

で、結果である。

7人中3人は「頭キーン」にしっかりとやられた。どうやらあれは天然とかではなく、冷たい物ならなんでもなるようである。残念。しかし美味さは本物、是非一度お試しを。

【関連記事】

ウエストコーストで日常を忘れる局地的デートスポット

梅雨の季節にあえて行きたいツーリングスポット

あのフルーツを使ったグルメが春の南房総で楽しめる!!

静岡を訪れたら必ず食したい!炭焼きステーキ店「さわやか」

えっ?あのバイク用品で有名な「クシタニ」がパン屋さんを新展開!?

参考 – 阿左美冷蔵

オオモリシゲユキ

オオモリシゲユキ

バイク・アウトドアが大好きな放浪ライターと書くと格好良いがただのオヤジライター。加齢臭気にしつつ今日もバイクで走ります。得意分野は外見に似合わず文章