キャンプで盛り上がる料理レシピ!オトコの料理ジャンボハンバーグ!!

楽しいキャンプには美味い食べ物が欠かせない。もちろんアウトドアならではの炭火で肉を焼くだけのBBQも良いけれど、前回『キャンプで盛り上がる料理レシピ!みんな大好きポークソテー』で紹介したダッチオーブンを使えば何だって作れてしまうのだ。そんなオトコの料理レシピシリーズ第二弾。

でかいオトコのジャンボハンバーグ!

キャンプで盛り上がる料理レシピ!オトコの料理ジャンボハンバーグ!!

ハンバーグを作る! しかもジャンボなやつを。その前に料理に欠かせない火は何を使うのかである。
ガスバーナー1台あれば何でもできるのだが、焚火台があるとぐっと料理がしやすくなる。

キャンプで盛り上がる料理レシピ!オトコの料理ジャンボハンバーグ!!
ガスでもガソリン燃料系でもバーナーは必須アイテム。種類はかなり多いので自分に合うものを探そう。

キャンプで盛り上がる料理レシピ!オトコの料理ジャンボハンバーグ!!

焚火台は「笑’s(しょうず)」の「A4君」や「B6君」が使いやすい。その名の通りA4サイズとB6サイズにコンパクトにしまえる。料理から焚火までキャンプシーンを盛り上げてくれる。

強火はバーナーで、その後の弱火は焚火台でと使いこなせば、あなたも料理の達人だ。

ジャンボハンバーグトウモロコシ添え

キャンプで盛り上がる料理レシピ!オトコの料理ジャンボハンバーグ!!

材料は牛か合挽のひき肉を1キロ程。ハンバーグミックス的な調味料。デイグラスソース。チーズ。

ハンバーグだけでも十分美味しいのだが、やはり見た目も気にしたい。そこでトウモロコシを添えてしまおう。

キャンプで盛り上がる料理レシピ!オトコの料理ジャンボハンバーグ!!

トウモロコシは皮をむいてアルミホイルで包んでおく。

キャンプで盛り上がる料理レシピ!オトコの料理ジャンボハンバーグ!!

ひき肉は綺麗なビニール袋に入れてハンバーグミックスの粉を入れて、袋の中でよく揉み込む。ここが一番大事な作業ともいえる。

キャンプで盛り上がる料理レシピ!オトコの料理ジャンボハンバーグ!!

ひき肉を十分にこねたら中にチーズを挟み込んで、空気を抜きながら形成する。

キャンプで盛り上がる料理レシピ!オトコの料理ジャンボハンバーグ!!

オイルを馴染ませたオーブンに肉を入れて蓋をして火の上に。火加減は弱火で大丈夫。じっくりと焼きつつ、隣にアルミホイルで包んだトウモロコシも。

キャンプで盛り上がる料理レシピ!オトコの料理ジャンボハンバーグ!!

ハンバーグは当然ひっくり返すのだが、ダッチオーブンならオーブン事逆さにするということができるし、蓋の上に炭を乗せてひっくり返さない方法もできるので便利。

キャンプで盛り上がる料理レシピ!オトコの料理ジャンボハンバーグ!!

20分程度で火が通るのでソースを投入。トウモロコシも20プン程で焼き上がる。

ソースが馴染めば完成だ。

キャンプで盛り上がる料理レシピ!オトコの料理ジャンボハンバーグ!!

皿に盛れば瞬く間になくなること間違いなし。何しろこの時も中のチーズが溶けだす写真を撮ろうと思った時には完食されてしまっていた。

ダッチオーブン使用の料理を2品紹介したが、本当にこれがると便利だし簡単にできる。それでもいきなりダッチオーブンを買うにはためらいもあるだろうから、次回はダッチオーブンなしで作る料理レシピを紹介しよう。

【関連記事】

キャンプで盛り上がる料理レシピ!みんな大好きポークソテー

バイクキャンプ愛好家必見!劇的省スペースなクッカーならコレ

便利なおひとりさまサイズのアウトドア溶岩プレートで美味さ倍増!?

バイクキャンパーにベストなバーナーはなんだったのか?

キャンプで大活躍!超省スペースの食器セットでキャンプツーリングもラクラク!!

オオモリシゲユキ

オオモリシゲユキ

バイク・アウトドアが大好きな放浪ライターと書くと格好良いがただのオヤジライター。加齢臭気にしつつ今日もバイクで走ります。得意分野は外見に似合わず文章