【ヨコハマ ホットロッドカスタムショー2015】興奮冷めやらぬイベントレポート!

国内最大級のカスタムバイク・カーイベント「ヨコハマホットロッドカスタムショー2015」が12月6日に開催された。日本全国はもちろんのこと、世界各国からも多くの来場者を集め、その数は年々増加しているという。

騒音問題などにより、一時期は存続すら危ぶまれた同イベントだったが、昨年から続ける「Shizukani(静かに)」を継続、二輪車来場禁止と併せて関係者マナーの改善に向け、こちらも成功を収めたようだ。今年は1時間前倒しの朝8時スタートに変更したにも関わらず、長蛇の列は例年通りであった。

国内最大級のイベントは見所も満載!

IMG_5738

出展車両数はバイク650台、クルマ300台で、ベンダーブースは270枠と、まさに国内最大級のイベントに相応しい、ゴージャスな内容となった。ゲストがバイク・カーで入場するライドインから始まり、複数のバンドがステージでライブを繰り広げた他、ハーレー「STREET 750」のカスタムを競う「Battle of the Kings」「STREET BUILD OFF」のカスタム車両の展示、発表が行なわれるなど、見所満載のイベントとなった。

それでは「ヨコハマホットロッドカスタムショー」の風景を紹介させて貰おう。

いかがだっただろうか。

今年の目玉としては、スケート界の立役者、スティーブ・キャバレロ氏の招呼であろう。毎年”胸アツ”な海外著名人を招待するのも同イベントが支持される要素の一つだ。

今年行けなかったという方は、来年こそ足を運んでみることをオススメする!

【関連記事】

ヨコハマ ホットロッドカスタムショー2015で気になったホットロッドカーを一挙公開!

ヨコハマ ホットロッドカスタムショー2015で気になったチョッパーを一挙公開!

ハーレー主催のカスタムコンテスト「STREET BUILD OFF」を制したのはあのカスタムショップだ!

forRide編集部

forRide編集部

乗り物(Ride)を軸としたライフスタイル提案型の情報を発信する「フォーライド編集部」です。 乗り物のある生活、楽しみ方を提案し続けます!