今月の連休は高原で決まり!標高1,000メートル以上の高原宿トップ10を発表

気温も湿気も上がり、いよいよ夏本番直前ですが、こんなに暑いと涼しいところへ逃げたくなるもの。しかし、いつも”お決まり”の避暑地に行くのも飽きてしまいますよね。

そこで今回は、世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」が、口コミの評価をもとにした「旅行者が選ぶ 標高1,000メートル以上の高原宿トップ10」を紹介します。

標高1,000メートル以上の高原宿トップ10

今月の連休は高原で決まり!標高1,000メートル以上の高原宿トップ10を発表

それでは早速ランキングを見ていきましょう。今回のランキングは国内にある宿の中で、標高1,000メートルを超える高地にある宿泊施設のうち、バイクやクルマ、バスなどでアクセスできるものを対象にしたもので、徒歩のみのアクセスとなる山小屋は含まれていません。

10:草津湯菜の宿 杓凪華(群馬県) – 1,223m

9:山本小屋ふる里館(長野県) – 1,924m

8:五千尺ホテル(長野県) – 1,520m

7:寛ぎの舎 游(岐阜県) – 1,007m

6:ホテルグランフェニックス奥志賀(長野県) – 1,497m

5:ヌタプカウシペ(北海道) – 1,027m

4:アンシェントホテル浅間 軽井沢(長野県) – 1,118m

今月の連休は高原で決まり!標高1,000メートル以上の高原宿トップ10を発表

3:渓流荘 しおり絵(長野県) – 1,009m

今月の連休は高原で決まり!標高1,000メートル以上の高原宿トップ10を発表

2:オテル・ドゥ・八ヶ岳テラス(長野県) – 1,259m

今月の連休は高原で決まり!標高1,000メートル以上の高原宿トップ10を発表

1:美ヶ原高原 王ヶ頭ホテル(長野県) – 2,009m

※標高は参考値

1位に選ばれたのは、長野県松本市にある”日本百名山”に数えられる美ヶ原の山頂に佇む、雲上の一軒宿「美ヶ原高原 王ヶ頭ホテル」でした。

標高およそ2,000メートルから、南北アルプスをはじめ41もの山々が連なる大パノラマを見渡せる人気ホテル。

「眺めはお天気と運次第ですが、美味しい料理はいつも変わらず高得点です」

「宿では、ウェルカムシャンパンサービス、夜食、星空教室、スライドショーなどイベントやおもてなしが用意されています」

など、景色以外の魅力も高く評価されています。

ランキング全体では、長野県の施設がトップ3を独占した他、トップ10のうち7軒が長野県から選ばれるなど、他県を圧倒する結果となりました。

いかがだったでしょうか。こんな眺めのいいポイントをツーリングの目的地、ドライブのゴール地点にしたら、一味違った夏の思い出になること間違いなしですね。

是非今夏のトラベルの参考にしてください!

【関連記事】

行ってよかった「日本の展望スポット2015」1位は納得の…2位以降は!?

梅雨の季節にあえて行きたいツーリングスポット

ウエストコーストで日常を忘れる局地的デートスポット

ブーム再来か!? “元祖”人面魚を確認せよ!

ハーレー乗りの夫婦が手掛けるこだわりのカフェ&ダイナー「リックス」

参考 – PR TIMES

画像 – しおり絵オテル・ドゥ・八ヶ岳テラス美ヶ原高原 王ヶ頭ホテル

forRide編集部

forRide編集部

乗り物(Ride)を軸としたライフスタイル提案型の情報を発信する「フォーライド編集部」です。 乗り物のある生活、楽しみ方を提案し続けます!