梅雨明け前から大活躍!? 購入できるサブマリン11種類!

世界には、自家用に買えてしまう潜水艦というものがあるようです。そこで、お金があり余っている方なら、その気になれば今日注文できる11モデルをご紹介します。

シーブリーチャーX

private-submarine1

まるでサメになった気分! 260hpで水中生活を味わえます。「ブリーチャー(Breacher)」には「(法などを)破る者」という意味と「(クジラなど)水上に躍り上がる者」という意味があり、ドカーンと水中から飛び出せるのがブリーチャーシリーズの醍醐味。潜水が得意なのはこの「シーブリーチャーX」ですが、同シリーズ「シーブリーチャーJ」ならイルカ、「シーブリーチャーZ」ではシャチ気分を堪能できます。

価格:8万ドル(約990万円)

参考:Seabreacher X

スキュブスター・ペダル・サブ

梅雨明け前から大活躍!? 自家用サブマリンあります!

水中を自転車感覚でツーリングできる、フランス・ニース発の人力モデル。水中で時速10キロ(5.4ノット)以上出すことが可能だそう。ダイバーより速いスピードが出るけれども、足漕ぎ運動で汗もかけるというユニークな潜水艦です。

価格:ASK

参考:Scubster Pedal Sub

ディープフライト・ドラゴン

その名のとおり、水中を竜のごとく飛び回り優雅な「フライト」が楽しめる1台。リチウム電池搭載で、一度の充電で6時間の走行が可能。クジラなどの海中生物や難破船に遭遇したら、そこにとどまって水中で「ホバリング」もできます。

クジラ好きなら必見の下記動画「Searching for Whale Song(クジラの歌を追って)」もあります。

価格:150万ドル(約1億8,500万円)

参考:DeepFlight Dragon

トリトン・サブマリン

梅雨明け前から大活躍!? 自家用サブマリンあります!

「高級ヨットの進化系」とメーカーが位置づけている「トリトン・サブマリン」。同シリーズには、深さ100フィート(約300メートル)まで潜れるものから、約2時間かけて35,800フィート(約10,000メートル)の深海にまで達するものまで、さまざまなタイプが用意されています。

価格:ASK

参考:Triton Submarine

エゴ-コンパクト・セミサブマリン

梅雨明け前から大活躍!? 自家用サブマリンあります!

トップデッキ(写真でカップルが立ってる部分)は潜水しません。でも、下部分は水面下に潜るのでクルージング中は水中の景色を存分に楽しめるという変わり種です。だから、フルではない「セミサブ」なのです。

価格:ASK

参考:EGO-Compact Semi Submarine

シー・マジン

梅雨明け前から大活躍!? 自家用サブマリンあります!

これもまた「水中の高級ヨット」ポジションを占める潜水艦。2人乗りから5人乗りまで選べる、ラグジュアリーでしかもタフな自家用船です。

価格:モデルにより100~300万ドル(約1億2,340万~3億7,000万円)

参考:SEAmagine

マリオン HSPDハイパー・サブ

梅雨明け前から大活躍!? 自家用サブマリンあります!

スピードボートと潜水艦を足して2で割ったようなタイプで、なんと900hpを発揮! 最近何かと話題の巨大イカに襲われたりしたときも安心。

価格:350万ドル(約4億3,000万円)

参考:Marion HSPD Hyper-Sub

Y.CO イエロー・サブマリン

梅雨明け前から大活躍!? 自家用サブマリンあります!

豪華ヨットからスーパーヨットまで、高級モデルを扱うことで知られるY.co社のイエロー・サブマリン。小ぶりだけど、7つの海を快適に冒険できるはず。

価格:ASK

参考:Y.CO Yellow Submarine

ウブロ Exoスーツ

https://www.youtube.com/watch?v=t6xpKliCyWU&feature=youtu.be

ご覧のとおり、こちらは潜水艦ではなく潜水スーツ。LEDライト、HDカメラがついていて、しかも腕や足は自由に動かせます。水中用の宇宙服のようなものです。ちなみにウブロはスイスの時計ブランドで、2011年には4,000メートルの深海にも耐える腕時計を発表して話題となったんだそう。

価格;130万ドル(約1億6,000万円)

参考:Hublot Exosuit

スパイマスター ワンマン・ミニサブ

梅雨明け前から大活躍!? 自家用サブマリンあります!

「スパイマスター」は自称「ロンドンきってのスパイショップ」だそうです。値段は公表していないのですが、2,000ドルを切るといわれています。1人乗りなのがちょっと寂しいですが、スクーター派にはおススメします。

価格:推定1万9,000ドル(約235万円)

参考:Spymaster One-Man Mini Sub

ザ・サブマリン・スポーツカー

梅雨明け前から大活躍!? 自家用サブマリンあります!

これぞジェームズ・ボンドの世界! 『007 私を愛したスパイ』でロータス・エスプリが潜水するシーンは、公開当時、世界に衝撃を与えました。こちらはまさにあのボンドカーをイメージして造られたというスポーツタイプのアクアカーで、ベースはロータスの「エリーゼ」です。潜水艦といえるかどうかは微妙ですが、陸も水中もボンドばりにクルージングできますね。

価格:200万ドル(約2億4600万円)

参考:The Submarine Sports Car

水中を楽しむための自家用サブマリンがこんなにあるなんて驚きです!

夏の海をヨットでクルージングするのももちろん素敵ですが、潜水する乗り物もぜひ一度ご検討ください。

【関連記事】

もしもマリオカートのスタートダッシュが使えたら…を実現してしまったオトコ!

憧れのスタイル「トラキャン」を手に入れるには今しかない!

ワクワクが止まらない!デザインも機動力も抜群のスーパータンク「Ripsaw EV2」

リビング&寝室を湖に浮かべるまったく新しいトレーラー出現!

1台で線路の入れ替え作業をこなすスーパー列車「RU800S」

参考 – SUPERCOMPRESSER

岸本明子

岸本明子

教師、モデルを経て、フリーランスライター、通訳・翻訳者、イラストレーター。自営サロンにて療術師、タロット占術師、SAM催眠療法士としても活動中。