ウェットスーツ?いえいえウェット対応の”リアルウェットスーツ”です!!

サーファーであれば、仕事中でも、ふと波に乗りたくなってしまうもの。

「しまった!ウェトスーツ持ってないや」となっても、これなら安心!

横乗り系の大手”クイックシルバー”社が遂にリリースしてしまった!

ウェットスーツ?いえいえウェット対応の"リアルウェットスーツ"です!!

サーフィン、スノーボード、スケートボードなど”横乗り系”を得意とする業界大手”クイックシルバー”社が、そんなサーファーの悩み(なのでしょうか?)だった、夢のウェットスーツをリリースしてしまったのです。

コンセプトとしては、あらゆるビジネスシーンやパーティシーン、そして、もちろんサーフィンにおいてもそのまま着用していただける世界初のオンオフ兼用ウェットスーツということで、その名称が「TRUE WETSUITS」。どのあたりがトゥルーなのかは不明ですが、着眼点は好きです。

オンもオフも対応のウェットスーツ

ウェットスーツ?いえいえウェット対応の"リアルウェットスーツ"です!!

着用者のあらゆるシーンにフィットする「TRUE WETSUITS」はサーフィン、そしてライフスタイルをより楽しむために開発された、まさに多忙な現代人のためのアイテムといえるでしょう。

ウェットスーツ?いえいえウェット対応の"リアルウェットスーツ"です!!

見よ!この違和感…おっと失礼、”リアル・ウェットスーツ”を!!

「マジ? エイプリルフールはもう過ぎてるよ!?」と、ちょっと脳内での情報処理に時間のかかるアイテムです…。

4月20日より公式サイトからオーダーできるようで、商品にはジャケット・パンツ・シャツ・ネクタイがセットになった本格的なセットアップ。販売価格はやや高額な¥300,000円(税抜)で、完全受注生産のため、2ヶ月~の納期となっています。にてお届けとなります。

また、型としては「ブラック」「ネイビー」「タキシード」の3パターンあるらしく、「ブラック」「ネイビー」はシンプルに着こなしが可能なシングル2つボタンとなっています。

縫製も本気で作っている!?

生地にはウェットスーツで使用されているネオプレン2mm厚の超伸縮ジャージを採用し、パーツ接合は、ウェットスーツ特有のGBS(Glued & B lind Stitched seams)技術を用いています。縫製の針穴が生地を貫通していないため、体側への水の浸入を防ぎます。

ジャケットは、サーフィン時の水流によるスーツ膨張を回避するため、ポケットは袋状ではありません。ただしビジネスシーンに欠かせないデバイス収納、チーフインを行えるよう、ファスナーとドレインホール付き特別仕様の左胸の内ポケット・左胸の外ポケットについては、スリット&スペースが確保されているようです。

また、シャツも、フォーマルな印象を際立たせる、しっかりとした襟を持つワイシャツ型のシルエットになっています。
生地はボードショーツに採用されているリサイクル4WAYストレッチ素材DRYFLIGHT(ドライフライト)を使用。
このDRYFLIGHTは3Mとの共同開発によって優れた撥水性とシミや汚れを防ぐ防汚性を兼ね備えたSCOTCHGARD(スコッチガード)性能を保有しています。素材自体がサーフィン用であると同時に前立てには水流の影響を防ぐファスナーを使用するなど、
ウォータースポーツを邪魔しない機能、工夫が凝縮したシャツに仕上がっています。

ネクタイも、生地はネオプレン2mm厚の超伸縮ジャージを使用。昇華転写プリント技法により、ビジネスシーン・パーティシーンでの注目に応えられる、繊細なデザインを実現しているようです。

もはや、ギャグなのか本気なのかわからなくなってきました。

最後にコンセプト動画もあるようなので、ご覧ください。

いつものポイントに行ってみたら、スーツ姿の男性が波に乗っている。

この絵面を想像しただけで、二度見からの大爆笑必須ですね。クイックシルバー社のユーモラスな試みには脱帽です。

参考 – TRUE WETSUITS

あわせてこんな商品もいかが?

forRide編集部

forRide編集部

乗り物(Ride)を軸としたライフスタイル提案型の情報を発信する「フォーライド編集部」です。 乗り物のある生活、楽しみ方を提案し続けます!