なにこれ戦闘機みたい!サメ型潜水艇「Seabreacher X」は泳ぎがおジョーズ!

写真を見て戦闘機!? と思った方、不正解です。こちらはれっきとした潜水艇です。今回は、水中から水上まで縦横無尽に駆け回ることができる潜水艇「Seabreacher X」について紹介しましょう。

Seabreacher Xとは?

アメリカにある小型潜水艇メーカーのInnespaceプロダクションが作った「Seabreacher X」は、息をのむようなスピードで水中を飛ぶように進む副座の潜水艇です。運動性能に極めて優れており、水上を飛翔し、90度の垂直ジャンプ、360度のバレルロールですら可能にする高性能機です。

シャチやイルカのような運動性能を誇る

コクピットの後方にある垂直尾翼ならぬシュノーケルよりは深く潜れないので、潜水艇というのは少し語弊があるかもしれませんが、ジェットスキーのように水上を駆け回り、コクピットが完全に浸水するまで潜り、水上ジャンプまでを可能とした、シャチやサメのような運動性能を誇ります。

コクピットはまさに戦闘機の様

コクピットを覗くと…いや、戦闘機ですって!

2次元平面上で動作する従来の船舶とは異なり、航空機のような動きを可能とした「Seabreacher X」のコクピットは、まさに戦闘機のよう。

いや、寄りのカットなんてどう見ても戦闘機ですって!

上記したように前後の副座となっており、アクリルキャノピーはパイロットと乗客に360度に近い視野を与えてくれます。ご丁寧に撃墜マークまで描かれているのがわかりますね。ドイツ軍機を8機、日本軍機も3機落とされているようです。本当ならエースですね。

操縦以外の楽しみ方も味わえる

パイロットとコパイロットだけでなく、シュノーケル部のハンドルに掴まれば、ジェットスキーのようにランデブーを楽しむことも可能です。まさに水上レジャーに特化した一台と言えますね。

カスタムペイントも可能

ハンドメイドで作られる「Seabreacher X」は、1機1機、カスタムペイントの注文にも対応しています。戦闘機のようにノーズアートも描けるし、写真のようにP-51マスタング仕様もあれば、ルフトバッフェ仕様も存在します。エヴァ初号機仕様まであるくらいです。こうなったらゼロ戦仕様を注文する日本人が現れて欲しいものです。

「Seabreacher 」シリーズは複数のタイプが存在する

今回、紹介したのは「Seabreacher」シリーズの中では、シャークスタイルのXモデルですが、他にシャチスタイルのYモデル、ドルフィンスタイルのZモデルなども存在します。機体のモデルは好みで選択可能です。

それでは動画でも「Seabreacher」の暴れっぷりをご堪能ください。

いかがだったでしょうか。潜水艇と呼ぶには限界深度が低すぎる気もしますが、それらを差し引いても魅力にあふれているマシンではないでしょうか。こんな泳ぎがお上手(ジョーズ)なマシンに乗って、水上レジャーを堪能してみたいものです。

Seabreacher Xの仕様

  • 搭乗者:2名
  • エンジン:ROTAX1500cc 4ストロークエンジン
  • スーパーチャージャー260馬力、インタークーラー
  • 燃料容量:52L
  • 全長:5.18m
  • 幅:0.9m
  • 全幅:1.9m
  • 重量:612.4kg

参考 – Youtube : Seabreachers at the California Coast 、 Robotic Dolphin and Flying Water Car – In 4K! With Jetovator and Seabreacher 、 Seabreacher X 

センカクダイバー

センカクダイバー

悲運の元パチンコ・パチスロライター。ベスパ歴27年、ミニクーパー歴2年のモッズ系猛禽類。旧車を好むクセに機械イジりや整備はサッパリというご都合主義者。