INDIANの幼子「PAPOOSE」は折りたたみ可能な小型バイク!

「Welbike」ってご存じですか?第二次世界大戦時に英国特殊部隊が使用した小型のバイクになります。遠隔地に運ばれることを念頭に入れられた造りのため、小型化が進められた車両で、その軽量さとともに信頼性の高さも相まって瞬く間に人気となりました。

その小型二輪車にインスパイアされた製作された車両の一つが、こちらの1948年製インディアン「PAPOOSE」です。

1949年製インディアン「PAPOOSE」

可愛らしい小型のボディにインディアンを象徴させるロゴとカラーリングが施されています。

同じ小型バイクでも「ゴリラ」「モンキー」とは似て異なる造りとなっていますね。

折りたたむことのできるバイク

それもそのハズ、この車両は折りたたむことができるバイクなのです。持ち運びにも優れた車両というわけですね。そういえばどことなく「モトコンポ」と似たシルエットですものね。

搭載されているエンジンは98cc。最高時速35マイル(約56km)、車重は95ポンド(約43kg)というコンパクトかつ、パワフルな車両です。90kgの荷物を搭載し、120マイル(約195km)の距離を走破できるという非常に優れた性能を誇ります。

インディアンの幼子という意味を持つ「PAPOOSE」と名付けられた小型バイク、現在ではコレクターズアイテムとして高い人気を誇るそうです。確かにこんなに可愛らしい形状の小型バイクであれば、なんだか無性に欲しくなっちゃいますよね。

参考-hiconsumption.
センカクダイバー

センカクダイバー

悲運の元パチンコ・パチスロライター。ベスパ歴27年、ミニクーパー歴2年のモッズ系猛禽類。旧車を好むクセに機械イジりや整備はサッパリというご都合主義者。