フロントにラジェーター!? 宇宙からやってきたハスクバーナ・570カスタム

ハスクバーナと言えばハーレー、インディアンなどと並ぶほど老舗のバイクメーカーですが、様々な企業による買収により、数奇な変遷を辿ってきたことで知られています。モトクロス、エンデューロ、スーパーモタードなどに力を入れていることでも知られていますね。

今回は、そんなハスクバーナのカスタムマシンを紹介しましょう。

ハスクバーナ 570

こちらのカスタムベース車両となったハスクバーナ570シリーズは、抜群の安定感と高出力エンジンが特徴で、オフロードで8つ、スーパーモタードで2つの世界タイトルを獲得した事でも知られるクラス最強マシンです。こちらの車両は2001年製になります。

Moto Mucci製のカスタム車両

カスタムを施したのは米国オレゴン州のポートランドに居を構えるオートバイデザインハウス「Moto Mucci」になります。代表のデビッドマッキ氏はオートバイの設計に集中し、現在の「Moto Mucci」をスタートさせたとのことです。

何とフロントに付いているのはステンレスガードとつのLEDライト……だけではなく、ラジエーターです。こんな場所にラジェーターを配置するのってアリなんですね。ガソリンタンクは1973年製のハスクバーナCR360のモノが装着されています。

カスタムスプリングを装着し、カスタムサブフレームをまとめ、17インチのSM450Rホイールにシンコー705タイヤを装着しています。

ハスクバーナの車両は、ベースからして若干、変わった形状をしていますが、こちらの車両はさらに輪をかけて変わっています。別の惑星からやってきた未来のスクランブラーと表する人もいるほどです。

それにしてもハスクバーナの車両って、やっぱり砂漠がよく似合いますよね。こんな凄まじいカスタムスクランブラーで砂漠を走ったら、さぞや気持ちも良いことでしょう。

ちなみに「Moto Mucci」では、カスタムマシンのリクエストを募集しているそうです。興味があるという方は、一度、連絡取ってみるのも楽しいかもしれませんよ。

参考-HICONSUMPTION
上中達也

上中達也

BMX、MX、スケボー、サーフィンなど横ノリ全般をこよなく愛する。クルマやバイクの新車情報や、オモシロ動画を逐一チェックする癖アリ。