【2016年の総まとめ!】今年アメリカ・メーカーが発表した注目モデルを2分で振り返る!

2016年の総まとめ記事も今回で最終回です。ラストはアメリカのメーカーが2016年に発表した注目モデルを振り返ってみましょう!

ハーレーダビッドソン「Low Rider S」

今年日本に導入された注目のモデルがコチラ! スペシャルモデル”Sシリーズ”の第3弾であり、Screamin’ EagleR Twin Cam110エンジンを搭載したニューモデルです。

イジらず乗りたい!ハーレーダビッドソンのニューモデル「LOW RIDER S」

当編集部によるインプレ記事も掲載しています!

ツインカム110搭載!純正クラブスタイルのハーレー「ローライダーS」に乗ってみた!

ハーレーダビッドソン「CVO Pro Street Breakout」

上記の「Low Rider S」と同時にリリースされたのがコチラ! 最先端のフィニッシュとテクスチャを採用し、ダークな外観が特徴のニューモデルです。

これはかっこいい!ハーレーのニューモデル「CVO Pro Street Breakout」が良作の予感

こちらのブレイクアウトも、インプレ記事を掲載しています!

見た目も快適性もパーフェクト!ハーレー「CVOプロストリートブレイクアウト」に乗ってみた!

ハーレーダビッドソン「XG750R」

ハーレーの750ccモデル「ストリート750(XG750)」を本格的なフラットトラック・レーサーに仕立てたのが「XG750R」。新エンジンを搭載した意欲作です!

公道版を出してくれ!ハーレーのフラットトラックレーサー「XG750R」がカッコいい

ハーレーダビッドソン「Milwaukee-Eight」

車両ではありませんが、ハーレーが発表した新エンジンに注目が集まりました!

当サイトでは過去のエンジンから振り返ってみました。ミルウォーキーエイトについて紹介しているのは前編ですが、ついでに後編もご覧くださいね。

ハーレー最新エンジン「ミルウォーキーエイト」と歴代エンジンについて2分で学ぶ【前編】

ハーレー最新エンジン「ミルウォーキーエイト」と歴代エンジンについて2分で学ぶ【後編】

インディアン「Scout Sixty」

札幌モーターショー2016(2016年1月22〜24日)で日本初公開と同時に発売開始された本モデル。2015年に販売されたScout(スカウト)をダウンサイジングし、進化させています。

最大の特徴はScoutのエンジン排気量を69ci(1,130cc)から、60ci(999cc)に変更している点。新型の水冷 V型2気筒ユニットは最高出力78hp、最大トルク65lb-ftを発揮します。

インディアンから、スカウトをダウンサイジングした新モデル「SCOUT SIXTY」が発売

インディアン「Scout FTR750」

アメリカ最古のモーターサイクル・メーカー「Indian」によるレース復帰と共に発表された新レーサー「Scout FTR750」。

あまりのカッコよさに絶句しました!

市販希望!Indianが完全新設計のレーサー「Scout FTR750」でフラットトラックに復帰!

Vanguard Roadster

ニューヨークの新メーカーが発表したニューモデルがコチラ!

S&S製のVツインエンジンを搭載しており排気量は1,917cc 。カムを駆動するベルトが見えるスケルトンカバーを採用。アルミ削り出し部品が多様された車体と共に、マッシブな雰囲気を醸し出していました。

マッシブなスタイリングが魅力!Vanguard「Roadster」はNYで製造されるハイパーネイキッド!

フラットトラックレーサーが注目を集めました!

アメリカのモーターサイクル・メーカーといえば、どうしたってハーレーダビッドソンとインディアン。何といっても2016年は、両社が魅力的なフラットトラック・レーサーを発表したことが、最大のトピックでした。

両車をベースとした市販モデルの登場が待たれます!

参考 – Harley-DavidsonIndianVanguard
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。