650ccクラスに盛り上がりの兆候!? ホンダ・CBR650とCB650Fがモデルチェンジ!カワサキ・Z 650は国内販売決定!

実用充分というには余りある性能を備えつつも扱いやすさも兼ね備えた650ccクラスは、ヨーロッパでは大人気! 日本へもその飛び火を狙ってか、国内メーカーが続々と魅力的なモデルを投入します!

今回は、そんな新潮流となる可能性を秘めた、ホンダとカワサキの650ccクラス3車種をご紹介しましょう!

ホンダ「CB650F」

まず最初にご紹介するのは、ホンダの定番ネイキッド・モデル「CB650F」。4本のエキパイが描く曲線の美しさが最大の特徴である同モデルですが、2017年モデルでは大幅な魅力向上を果たしています。

ショーワ製のデュアルベンディングバルブのフロントフォークを採用。より軽快で力強いスポーティな走りを実現しています。

フロントブレーキキャリパーは、新しくなったニッシン製に変更されています。

往年の名車「CB400F」を彷彿とさせる美しい4本の曲線を描くエキパイはそのままに……、

ベースとなった「CBR650F」譲りの水冷4気筒DOHCエンジンは2016年モデルから最高出力が3kWアップ! 吸排気効率を高めることで、5,000rpm付近での力強さも増しているとのこと。

フロントマスクも、よりアグレッシブなデザインに変更されました。それに合わせてヘッドライト(とテールライト)がLED化されています!

ハンドルバーは新たにラバーマウントとされ、快適性の向上が図られています。

カラーラインアップは、ここまで紹介してきたミレニアムレッドのほか、このパールホワイト、他にも数色用意されるようです。最後にスペックを掲載します。

  • 全長×全幅×全高:2,110×775×1,120mm
  • ホイールベース:1,450mm
  • シート高:810mm
  • 車両重量:208kg
  • エンジン種類 / 弁方式:水冷4ストローク4気筒 / DOHC4バルブ
  • 総排気量:649cc
  • 内径×行程: 67.0×46.0mm
  • 圧縮比: 11.4
  • 最高出力:67kW/11,000rpm
  • 最大トルク:64Nm/8,000rpm

ホンダ「CBR650F」

次にご紹介するのは、先の「CB650F」のベースモデルとなったスーパースポーツモデル「CBR650F」。

ショーワ製のデュアルベンディングバルブ・フロントフォーク採用、フロントブレーキキャリパーが新しくなったニッシン製に変更、エンジン出力の向上が主な変更点です。

ハンドルバーのラバーマウントは「CBR650F」では実施されていないはず。

フェアリングのデザインも刷新され、スーパースポーツモデル「CBR1000RR Fireblade」のイメージを取り入れた、アグレッシブなデザインに変更されました。

本モデルも、ヘッドライト&テールライトがLED化されています。

カラーラインアップは、「CB650F」と同じ呼称のミレニアムレッドと、写真のブラック、その他に数カラーが用意されるようです。最後にスペックを掲載しておきます。

  • 全長×全幅×全高:2,110×755×1,145mm
  • ホイールベース:1,450mm
  • シート高:810mm
  • 車両重量:213kg
  • エンジン種類 / 弁方式:水冷4ストローク4気筒 / DOHC4バルブ
  • 総排気量:649cc
  • 内径×行程: 67.0×46.0mm
  • 圧縮比: 11.4
  • 最高出力:67kW/11,000rpm
  • 最大トルク:64Nm/8,000rpm

カワサキ「Z 650」

最後に、堂々と国内販売を宣言してくれたカワサキ「Z 650」をご紹介しましょう。

同社は既に「Ninja 650 ABS」、「Ninja 1000 ABS」、「Z 1000 ABS」の国内販売を公表しており、大変充実した実りの秋となっております!

今回、国内販売を発表したの「Z 650」。簡単に申しますと、「Ninja 650 ABS」のカウルを取りさらったネイキッドモデルとなります。

コチラが、そのベースモデル「Ninja 650 ABS」。

ネイキッドに仕立てられた本モデルは、総排気量650ccのコンパクトな水冷並列2気筒エンジンをスチール製のトレリスフレームに搭載。ストリートファイター的な外観を与えられています。

エンジンから想像して頂けるかと思いますが、最高出力より軽さとコンパクトネスで勝負するタイプです。

カラーラインアップは、ここまでに掲載した「パール・フラット・スターダスト・ホワイト」のほか、この「メタリック・フラット・スパーク・ブラック」、それに……、

「メタリック・フラット・ロー・チタン」という個性的なカラーを用意しています。

最後にスペックを掲載しておきます。

  • 全長×全幅×全高:2,055×775×1,080mm
  • ホイールベース:1,410 mm
  • シート高:790 mm
  • 車両重量:187 kg
  • エンジン種類 / 弁方式:水冷4ストローク2気筒 / DOHC4バルブ
  • 総排気量:649cc
  • 内径×行程: 83.0×60.0mm
  • 圧縮比: 10.8
  • 最高出力:50.2kW / 8,000rpm
  • 最大トルク:65.7Nm/ – rpm

いずれも国内販売されます!

既に記載しましたとおり、カワサキ「Z 650」は公式に国内販売予定であるとされており、ホンダ「CB650F」と「CBR650F」は既に国内導入済の2017年モデル。ということで、今回ご紹介した3モデルは、いずれも国内販売されることになります。

ここでご紹介したスペック等は、ミラノショーで発表されたヨーロッパ仕様ですので、国内仕様の詳細が出て来ましたら、続報としてお伝えしましょう!

参考 – ホンダカワサキ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。