昼と夜が別の顔!ヤマハ「MT-3&MT-25」の2017年モデルは反射グラフィックに注目!

ホンダが250ccVツインの2017年カラーを投入した直後、今度はヤマハが軽量コンパクトな水冷・直列2気筒エンジンを搭載する「MT-03(エムテ ィ ゼロスリー)」と「MT-25(エムティ ツーファイブ)」のカラーリング変更を発表しました!

情報発信としてはだいぶ後発になってしましたが、やはりヤマハ「MTシリーズ」の中でも、最も需要の高いモデルですので、ご紹介したいと思います。

昼夜で違う顔を持つ変化球カラー!

注目はヤマハが投じた変化球、カラー「ブラックメタリック X(ブラック)」。一見すると何の変哲もないブラックなのですが……、

なんと!”MTロゴ”に昼と夜で異なる表情を見せる反射グラフィックを採用しているのです。

残る2カラーは……

MotoGPのイメージを踏襲した「ディープパープリッシュブルーメタリック C(ブルー)」と、

ヤマハ曰く”スポーツアパレルを彷彿とさせる”「シルバー8(シルバー)」の2カラー。

スポーツアパレルはイメージできませんでしたが、ソリッドな感じが単純にカッコいいかと思います。

「MT-03 & MT-25」とは?

“大都会のチーター”をコンセプトとする「MT-03」「MT-25」は、2015年10月に発売開始され、”MTシリーズ”共通のシャープで躍動感あるスタイリングと軽快な走りで人気を博しています。

なお、製造はヤマハのグループ会社である「PT.Yamaha Indonesia Motor Manufacturing(YIMM)」が行っています。

新カラー採用モデルの発売開始は2016年12月15日。車両本体価格は、MT-03が55万6,200円(税込)、MT-25が52万3,800円(税込)となっています。

昼と夜で違う顔……、なんともクールだと思いませんか?

「MT-03 & MT-25」のスペック

  • 全長×全幅×全高:2,090×745×1,035mm
  • 軸間距離:1,380mm
  • シート高:780mm
  • 車両重量:165kg
  • 総排気量:320cc(249cc)
  • 内径×行程:68.0mm×44.1mm(60.0mm×44.1mm)
  • 圧縮比:11.2:1(11.6:1)
  • 最高出力:31kW/10,750rpm(27kW/12,000rpm)

※()内はMT-25。()記載のないものは共通

参考 – ヤマハ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。