必見!カワサキ「Ninja H2R」2017年モデル国内仕様のスペック・価格・発売日が決定!

インターモトでは予想外の「Ninja H2 Carbon」が話題を独占しましたね。

今回は、国内仕様「Ninja H2R」のスペック・価格・発売日(受注期間)が公開されましたので、ご紹介しましょう!

Ninja H2R 2017年モデルの価格と発売日

そもそも「Ninja H2R」は2014年のミラノショーで正式発表された、夢のようなモーターサイクル。ご存知の通り「H2」が公道仕様であるのに対して、「H2R」はクローズド・コース専用モデル。そのため保安部品等は装備されていません。

クローズドコース専用モデルではありますが、特定レースカテゴリーに向けて企画されていないのが「Ninja H2R」の面白いところ。そのため当サイトでもご紹介したような「Ninja H2R」での最高速度記録挑戦や、ドラッグレースなども活躍の舞台です。

が、実際のところ、カワサキが目指したのは全てのライダーに夢を与えられる究極のロードスポーツモデル。そのため重工・航空宇宙を含めたカワサキ・グループの総力を結集。組立てには熟練した職人さんによるクラフトマンシップが注入され、丁寧に仕上げられます。レース結果に一喜一憂するようなモーターサイクルではないワケです。

こうして企画された「Ninja H2R」は、直列4気筒998ccスーパーチャージャー付きエンジンを、美しいトレリスフレームに搭載しています。

そして今回発表された2017年モデルは、車両本体価格は594万円(税込)。この金額には、付属品としてタイヤウォーマーとレーシングスタンドが含まれます。

受注期間は、2016年11月15日(火)~2017年1月15日(日)。納期は受注から2~3ヶ月後となります。カワサキが認定した取扱指定店のみでの取扱いとなりますので、ご興味のある方はお早めにチェックしてくださいね!

それでは最後に、今回発表されたスペックの一部を掲載しておきましょう。ラムエア加圧時の最高出力にご注目ください!

Ninja H2R のスペック

  • エンジン種類 / 弁方式:水冷4ストローク並列4気筒 / DOHC4バルブ
  • 総排気量:998cc
  • 内径×行程: 76.0×55.0mm
  • 圧縮比: 8.3
  • 最高出力:228kW(310PS)/ 14,000rpm
  • ※ラムエア加圧時:240kW(326PS)/ 14,000rpm
  • 最大トルク:165N・m(16.8kgf・m)/ 12,500rpm
  • 過給機:遠心式スーパーチャージャー
  • フレーム形式:トレリス
  • 懸架方式(前):テレスコピック(倒立、インナーチューブ径43mm)
  • 懸架方式(後):スイングアーム
  • ブレーキ形式(前):デュアルディスク 330mm (外径)
  • ブレーキ形式(後):シングルディスク 250mm (外径)

いかがだったでしょうか。このスーパーバイクを手にできるのはほんの一握りかもしれませんが、それでもいつかは所有してみたい(一度運転するだけでも良いから)と思わせてくれる、夢とロマンの詰まったマシンですよね。

淡路島の有名パーツメーカーPMCさんが1台所有していますが、心底うらやましいです……。

参考 – カワサキ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。