250ccスーパースポーツがストリートファイターに!カナダ製KITがアツい!

カワサキ「Ninja250」やホンダ「CBR250R」は、最近の250ccスーパースポーツ人気の火付け役とも言えるバイクだ。

元々は、東南アジアでヒットし、日本に逆輸入されたカタチだが、その勢いはなんと北米にも飛び火! しかも、かなり個性的でハイセンスのカスタムまで生まれてきている。

カナダのカスタムパーツ・メーカー、BLACK LAB MOTORCYCLESが手掛けたNinjaとCBRはその好例だ。かなりカッコイイので紹介してみよう。

ガルウイング式ヘッドライト採用

BLK_SEAT_FOCUS-72dpi-12x7_1024x1024

まずはNinja250のカスタムから。

フロントやサイド、リヤのカウリングは全て取り外してあり、代わりに、エンジンから下に長く伸びるアンダーカウルを装着。リヤのタンデムシートも取り外し、シングルシート仕様となっている。まさに、最近人気の“ストリートファイター”スタイルだ。

BLK_BACK_FULL-72dpi-12x7_1024x1024

実はこのバイク、全てBLACK LAB MOTORCYCLESが販売するキットパーツを装着したもの。キットは、自分で取り付けることも可能だが、フレームなどの加工も必要なので、キットには装着マニュアルもついている。

BLK_FRONT_LOW-72dpi-12x7_1024x1024

ヘッドライトがあった位置には戦闘的なデザインのプレートが付き、ヘッドライトはボディ両サイドにブラケットで装着されている。しかも、このヘッドライトは、上下に位置を変更することができるガルウイング式を採用。フロントビューに、より個性的な味付けを加味している。

BRASSE_31BLK_QR_Passenger_Seat_1024x1024

ちなみに、基本はシングルシートだが、脱着可能のリヤシートを装着すればタンデムも可能だ。スタイルと実用性を両立している点もすばらしい。

CBRも組み立てキット式

一方、ホンダ・CBR250R。

51BLK_Side_2048x1536_1024x1024

こちらのカスタムも、スタイルの方向性はNinja250と同様のストリートファイターだ。

特徴的なガルウイング式ヘッドライトの採用や、カウル類を外してキットパーツを装着する点もNinjaと同じだ。ショートタイプのアンダーカウルやファットな純正の燃料タンクなどで、Ninjaよりボリューム感がアップしているイメージのフォルムになっている。

キットを日本で装着できる?

ちなみに、これらキットはBLACK LAB MOTORCYCLES公式サイトで販売されている(現在は品切れ状態)。価格はNinja2502人乗り仕様が1965カナダドル(約16万円)。CBRのキットは995カナダドル(約8万円)。
13116183_938714322912645_3270976501674744791_o
これらパーツを買って日本で付けたい方もいるかもしれない。ただし、その場合はこれらパーツが全て日本の法律に適合しているかどうかを調べる必要がある。もし、付ける場合はお近くの陸運支局に問い合わせて、合法パーツかどうか確認することをお勧めする。

ともあれ、スタイル的にはかなりハイセンスな2台。250ccスーパースポーツが、かなり個性的なストリートファイターに!これは注目だ。さすが、バイクのカスタムが盛んな北米・カナダだといえるだろう。

参考 – BLACK LAB MOTORCYCLES

平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。