知っているようで知らない?ベスパを2分で知ろう!

ベスパと言えばスクーターの代名詞的な存在として描かれることも多いが、その実態に触れる機会は少ないことだろう。そこでここでは簡単にベスパについて紹介していこうと思う。

ベスパ(Vespa)と は、イタリアのオートバイ・メーカー「Piaggio & C. S.p.A.,(ピアッジオ)」が1946年から製造販売するスクーターの製品名であり、イタリア語でスズメバチを意味する。これは、お尻の膨らみが蜂のそれと似ている事から名付けられたという。

ベスパには航空機の技術が用いられていた!?

大きな特徴としてはスチールモノコックボディ、駆動部まで含めて一体化されたスイングユニットのエンジン、そしてタイヤ交換を容易にする前輪の片持ちサスペンションなどの機構を有しているということであろう。これらはピアッジオ社が元々航空機メーカーであったため航空機の技術がふんだんに用いられたためでもある。また、開発にあたり、

  • 軽くて取り扱いが簡単
  • サドルをまたがなくても乗れる
  • 衣類が汚れない
  • 女性も乗りやすい

などの4つの条件があったことも、特徴的な機構の大きな要因ともなっている。

この条件が、後にとあるムーブメントを作り出す要因にもなるのだが、それはまた別の話なので、ここでは割愛させていただこう。

ベスパを世に知らしめたのはオードリー・ヘップバーンと松田優作!?

画期的な機構を多く持つベスパだったが、所詮は戦後大衆への普及を意図した大衆車であった。そんなベスパが世界的に知られることとなったきっかけは、1953年に配信された映画「ローマの休日」でアン王女役のオードリー・ヘップバーンと新聞記者ジョー役のグレゴリー・ペックがベスパに乗って観光地を巡るシーンが流れたことだ。同作を見ていなくとも、このシーンは知っているという方も多いことだろう。

また、日本では1979年に放映されたドラマ「探偵物語」で松田優作が扮する工藤ちゃんがベスパを乗り回していたことで、人気が再燃することとなった。

伝統は継承され、現行車にも活かされている!

世界114ヶ国で販売され、ライセンス生産も行われているベスパ。

欧州の「排気ガス規制基準」により2000年代以降は、特徴の一つでもあった2ストロークエンジン+ハンドミッションは廃され、4ストロークエンジン+オートマの組み合わせへと移行することになったが、その外観やスチールモノコックボディ、前輪片持ちサスペンションといった特徴は継承され、現行車にも活かされている。

現行車では物足りない!雰囲気を楽しみたい!! という方には、ビンテージシリーズと呼ばれる排気量50cc~125ccのスモールボディベスパであれば、イタリア本国での製造終了後も日本向け輸出製品として、比較的、最近まで再生産されていたので入手するのもそう難しくはないハズだ。

この春、颯爽とベスパを駆って(買って)、街を小粋に走り回ってみてはいかがだろうか?

センカクダイバー

センカクダイバー

悲運の元パチンコ・パチスロライター。ベスパ歴27年、ミニクーパー歴2年のモッズ系猛禽類。旧車を好むクセに機械イジりや整備はサッパリというご都合主義者。