3Dプリンターでリジッドフレームのアメリカンを作ってみた!

最近話題に事欠かない3Dプリント技術。

そんな3Dプリンターを使用して、アメリカ人男性がバイクを作ってしまったようですのでご紹介いたします。

Vツイン風の3Dプリンターバイク

3Dプリンターでリジッドフレームのアメリカンを作ってみた!

アメリカはカリフォルニア ロングビーチで開催された「RAPID2015」というカンファレンスで発表されたこちらのアメリカンバイク。驚くべきことに、エンジンや電装系と一部パーツ以外はすべて3Dプリンターで出力されたものを使って構成されています。

フレームのような大きいパーツまで3Dプリンターで作れてしまうのは、正直ビックリしましたが、どうなんでしょう…、結構ダサいですね。カラーリングがダサいのでしょうか。いや、全体のシルエットがまずダメですね。

そこまで3Dプリンターで作られてるの?

3d-printed-motorcycle4

驚くべきことにフレームやハンドル、ホイール、フェンダー、シートにいたるまで3Dプリンターで作られています。

3Dプリンターでリジッドフレームのアメリカンを作ってみた!

また、エンジン部分には電動モーターが仕込まれており、時速10〜15マイル(16〜24km/h)で走ることも可能です! なるほど、だからマフラーがないのですね。

いかがだったでしょうか。

こちらの車両を見てわかる通り、現段階ではお世辞にもクールなバイクとは言えません。しかし、3Dプリンターで自分が思い描くバイクが作れてしまう時代は、もうすぐそこまできているということですね。

【関連記事】

これはやりすぎ!? 世界の奇抜なコンセプトバイク9台!

ブルタコが発表したトライアル感たっぷりの電動自転車「ブリンコ」とは!?

ホンダカブをベースに製作された電動バイクがカッコイイ!

スゴイ!超高機能軍事レベルの電動自転車!!

次世代スマートアイウェア「Recon Jet」が販売開始!

参考 – 3D Print.com
K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。