険しい山道や木登りも楽勝!モトグッチのリアキャタピラ式トライクの走破性がすごい!

フロント1輪、リヤが2輪でしかもキャタピラ付き…この”乗り物”は、イタリアのバイクメーカー、あのモトグッチが1960年代初頭に作った3ホイーラー(トライク)だ。

険しい山道を移動するためのグッチ

Moto-Guzzi-3-Wheel-Motorcycle-6

イタリア陸軍で使うために開発されたというこのグッチ。現地イタリアでは、この”乗り物”を「Autoveicolo Da Montagna」、英語では「Mountain Car」と呼ぶそうで、険しい山道を移動するために作ったとのこと。

フルタイム3WD方式で泥道や雪道でもズンズン進む

Moto-Guzzi-3-Wheel-Motorcycle-2

エンジンのスペックは不明だが、6速ミッションを搭載、3輪とも駆動するフルタイム3WD方式になっている。前輪はチェーンドライブ方式を採用。タイヤには、スノーチェーンらしきものも装着されているので、ヌタヌタの泥道や雪道でもズンズン進む。

それどころか木登りだって楽勝にこなせる。後輪は、ご覧の通りのキャタピラ式で、戦車のごとき走破性の高さを誇る。

最大積載量は1,100ポンド(約499kg)

Moto-Guzzi-3-Wheel-Motorcycle-5

無骨なフレームワークからは、このグッチがかなり頑丈なことがうかがえる。最大積載量は1,100ポンド(約499kg)で、かなりの重い荷物を運ぶことが可能。山道を通り、軍事物資を運ぶことを考慮したのだろう。軍事用ビークルらしい作りだ。

ダートやサンドで遊びたい!

Moto-Guzzi-3-Wheel-Motorcycle-4

要はこのバイク、ATVの走破性とバイクの軽快性を1つにしたという感じ。なかなかカッコイイし、ダートやサンドで遊ぶにはもってこい! ぜひもう一度作ってほしい。

参考 – HI CONSUMPTION:Moto Guzzi 3-Wheel Motorcycle

平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。