バイクが「キープレフト」すべきではない5つの理由

バイクの免許取得のために教習所に通ったことがある方なら、間違いなくおそわったであろう「キープレフト」。しかし、リアルなライダーからの意見としては、ほぼ100%の方が口を揃えて「キープレフトは危険だ」と語る。

今回は、そんなキープレフトをすべきではない5つの理由についてご紹介いたします。

1:道交法より解説

まずは、キープレフトについて法律ではどうなっているのでしょうか。道路交通法第3章第18条からの引用してご説明します。

車両(トロリーバスを除く)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車及び原動機付自転車にあっては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。

「車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き」とは、センターラインのない道路を除くということなので、つまりキープレフトしなければならないのは、センターラインの無い道路での義務ということなのです。

2車線以上の道路で、むやみやたらにキープレフトする必要は、全くないのです。

2:クルマの死角に入ってしまう

クルマの免許を持っている方であればご存知だと思いますが、クルマには死角が存在します。バイクがキープレフトで走行するということは、そのクルマの死角にわざわざ飛び込んでいくようなものなのです。
前方のクルマの急な左折や停車で追突、これはほとんどの場合が死角によるものです。

3:出会い頭の衝突のリスク

キープレフトをしていると、左側の側道からクルマが出てきた際に、出会い頭に衝突してしまいます。ですので、普通であれば中央もしくはやや右を走行し、ライダー自身が目視確認+側道のクルマに対してアピールします。

4:クルマから追い越される危険性

特に原付バイクに乗っているときは、クルマに追い越されることもよくあります。しかしこれは、キープレフトが左に寄って「お先にどうぞ」のように見えるからなのです。
クルマの無理な追い越しは、ライダーにとってかなり身の危険を感じるものです。2車線以上の道路では、道交法の通り、堂々と車線の真ん中を走りましょう。

5:路肩付近は危険だらけ

一般的に日本の道路は、水はけを良くするためにかまぼこ状に作られています。そのため、トラックから落ちた小石やクギ、街路樹の小枝や落ち葉などが、路肩付近に溜まります。キープレフトをするということは、路肩に近いところを走ることなので、必然的にゴミだらけの路面を走らされているのと同じなのです。

小石やクギ、ガラス片を踏めば当然パンクしますし、落ち葉の上での走行は転倒のリスクが上がります。

いかがだったでしょうか。すでにバイクに乗っている方であれば、当たり前のことかもしれません。

しかし、これからバイクに乗る方、免許を取得したての方は、まだまだ教習所では教えてくれないことも多いかと思いますので、覚えておいていただけたら幸いです。また、先輩ライダーの方は、ぜひ教えてあげてください。

安全のために覚えておいてください。「キープレフトは必要ない」と。

とはいえ、原付バイクの場合は制限速度が30km/hなので、どうしても左に寄って走らざるを得ませんが…。

(そもそも、30km/h規制っていうルールもかなり問題があってですね…自重)

【関連記事】

初心者・リターンライダーが恐れずバイクに乗る5つの方法

バイクで「半ヘル・イヤホン・スマホ操作」これってどれも違反なの!?

軽自動車税シーズン到来!正規でハンコ押されない場合もあるぞ!!

バイク乗りにしかわからない10のメリット

カワサキ”Ninja 250 SL(スーパーライト)”が本日より販売開始!

参考 – 道路交通法

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。