アクサのバイク保険加入で胸部プロテクターがもらえる!第一弾はハーレーオーナー向け

バイク事故の際に、ライダーの身を守ってくれるプロテクターが、最近注目を浴びている。

当然だが、ヘルメットは頭部を守るだけ。なので、胸部や頸椎、脊椎など様々な箇所を防御するプロテクターが最近たくさん出てきていて、より安全な装備を意識するライダーたちに人気なのはご存じの通りだ。

そんな中、通販型保険でおなじみアクサダイレクト(アクサ損害保険株式会社)では、オリジナルの胸部プロテクターを制作し、バイク任意保険加入者へ提供することを発表した。第一弾としては、ハーレーダビッドソン ジャパン正規ディーラー網で取り扱っている「HARLEY|モーターサイクル保険」の新規加入者へ配布中だ。

プロテクターはコミネ製

アクサのバイク保険加入で胸部プロテクターがもらえる!第一弾はハーレーオーナー向け

限定非売品のオリジナル胸部プロテクターはコミネ製で、バイク用品を製造するバイク総合メディア「バイクブロス」の協力を得て制作したもの。

ただ、レザーやデニムのジャケットやパンツを身に纏う人が多い、ハーレーオーナーのファッションに合うかどうかは…まぁ、ご本人のコーディネイト次第といったところか。やや大きめのアウターを着て、そのインナーとしてプロテクターを装着する方法が一番かもしれない。ファッションとのマッチングは、いろいろ考えたいところだ。

「HARLEY|モーターサイクル保険」とは?

ちなみに、「HARLEY|モーターサイクル保険」の基本補償内容は、対人賠償保険が無制限、自損事故保険1,500万円、対物賠償保険が500万円〜無制限、無保険車傷害保険3億円など。

人身傷害補償特約や搭乗者傷害保険の付帯特約があるほか、弁護士費用など追加補償も選べる。

安全性を考えると絶対に装着した方がいいアイテムだけに、まずはハーレーオーナーに朗報。次は、どの車種のオーナー向けに提供されるのか、今後も注目だ。

参考 – HARLEY|モーターサイクル保険

平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。