いろいろ使ったけどコレが最強!? 巷で噂の超絶便利なスマートフォンホルダーはこれだ!

バイクにスマホをマウントすることで、ナビとして機能させるのも当たり前の光景となりましたね。そこで、バイク雑誌編集者など、多数の同業者に聞いてみたところ「最強はこれっスよ」と言われることの多い、デイトナ製「スマートフォンホルダーWIDE IH-250D クイック」を使ってみることにしました。

これが噂のスマートフォンホルダー!

パッケージを開けてみると、六角レンチが付属しているのがわかります。買ったらその場で取り付け可能という優れものです。

ロングセンターパッド(左)も付属しているので、スマホにカバーを付けていてもそのほとんどが対応可能かと。スマホを買い替えた時にも、パーツ組み替えなどによってのサイズ調整幅が広いのがGOODです。

角度も自由自在に調整可能。バーハンドルの立ち上がりや絞り角度などにも柔軟に対応できるでしょう。

充電ケーブルのダメージも回避可能

下側にUSBが刺さるタイプのスマホだと、タンクバッグを乗せた状態でハンドルを切ると、USBケーブルが軽く当たってしまうこともあります。かといって、当たらないうように角度を変えると画面が見ずらくなったりもします。

それで「ちょっと当たっているくらい別に大丈夫でしょ…」と思うのが命取り。そのちょっとのダメージは走行中に蓄積されていき…充電ケーブルはもちろん、最悪の場合、本体側の差し込みが壊れてしまうこともあるのです。

しかし、デイトナ製「スマートフォンホルダー」なら、スマホ配置を細かくセッティングすることが可能です。例えば上下位置を選択できる上記画像部分を大きく上下に調整できるようになっていますね。これは下側にUSBを挿す機種にとって非常にありがたいです。

クイック仕様+シリコンバンドで実用性も安心感もアップ!

マウント部がネジ止めのリジッドではなく”クイック”仕様なので、多くの車種を保有している人もワンタッチで乗せ変え可能なところも魅力的です。また、シリコンバンドが付いていることで、非常に安心感があります。以前、バンドが付いていないスマートフォンホルダーで段差に乗り上げた時、スマホが落下しそうになったこともありました。やはり、バンドが付いていると安心感が断然違います。

ディスカウントショップなどで売っている安物を何度も買っては即壊れる…そんな無駄なサイクルを繰り返していた筆者ですが、この「スマートフォンホルダー」で、ようやくスマホマウント問題が解決しました! ちなみに、for Ride編集長も愛用しているとのこと。

スマートフォンホルダーWIDE IH-250Dクイック

デイトナ(DAYTONA) スマートフォンホルダーWIDE IH-250D クイック 92602

価格:4,300円(税抜)

  • ボディ上側を約12mm延長、ロングセンターパッドにより機種密着座面の増量確保
  • 片手でも操作しやすい小型ウイングロック&リリースボタン、カラビナホール&シリコンバンド留め具付き首振りクランプも装備

参考 – デイトナ

NANDY小菅

NANDY小菅

各種バイク誌で活躍しているフリーライター。バイクとアニメの探究者で著書に「アニメバイク本」、「ご奉仕大好き! メイド本」など。所有バイクは15台くらい。