ライダーのマナー!バイクの自賠責保険を2分で知る!!

これからの季節、バイクで遠出する機会が増えますね。いつもキモに銘じておかなければならないのが、バイクを運転する際は”常に事故と隣り合わせ”ということ。

今回はそんな事故の際の強い味方「保険」の中でも、自賠責保険について今一度再認識していただくべく、ご紹介したいと思います。

自賠責保険って何するものだっけ?

バイクを運転する時に、法令で定められた必ず加入しなければならない保険(強制保険)がバイク自賠責保険です。

この自賠責保険は、50ccの原付を含む全てのバイクが加入しなければなりません。

ちなみに250cc以上のバイクであれば、車検があるのでそのときにに同時加入するのが一般的で、クルマも加入対象なので同様です。50cc〜250ccのバイクに乗っている方は、バイク屋さんや保険会社、コンビニなどで加入しないといけません。

もし、自賠責保険に入らず乗っていたら?

そのときはもちろん違反ですね。

50万円以下の罰金または1年以下の懲役と結構重く、違反点数は6点なので、一発免停です。免許停止30日か、12600円を支払って1日免停講習(正式には運転免許停止処分者講習で6時間拘束)を受けなければなりません。

それだけ、バイクに乗る運転者に対しての責任は重いということです。

バイク自賠責保険の保険料は?

バイクの自賠責保険料は、法律で定められている保険ため、どの県のどの会社・お店で加入しても全国一律です。ただ、排気量や契約期間によって料金が変わってきます。長期契約すると割り引かれます。

【原付の場合】1年契約:7,280円、2年契約:9,870円、3年契約:12,410円、4年契約:14,890円、5年契約:17,330円 【125cc〜250cc以下の場合】1年契約:9,510円、2年契約:14,290円、3年契約:18,970円、4年契約:23,560円、5年契約:28,060円 【250cc以上の場合(車検時に同時加入)】24ヶ月契約:13,640円、25ヶ月契約:14,010円、36ヶ月契約:18,020円、37ヶ月契約:18,380円

なお、満期以前にバイクを廃車にしたりする場合は、所定の手続きを行い還付金が戻ってきます。

もしも事故したときの補償は?

あくまでも自賠責保険とは、必要最低限のマナーのような保険ですので、補償の対象は、対人賠償事故(人身事故)の相手側に限られます。ライダー自身のケガや同乗者、自分や相手のモノを壊してしまった対物賠償事故などの場合は適応とならないのです。

このように、自賠責保険とは運転者の義務であり、交通弱者のことを考えた最低限のマナーです。

そして、最低限の補償しかないということもキモに銘じ、自分の愛車、同乗者、そして自分の事(家族、職場、友人)なども考え、任意保険にも加入する事をオススメします。

自賠責保険に加入できるお店・会社の一例

セブンイレブン

損保ジャパン日本興亜

ネットde保険@ばいく 三井住友海上

※全国一律料金なので、ご自身が一番利用しやすいところで加入してくださいね!

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。