このスタイルは魅力!BMW「G 310」シリーズの派生モデル「G 310 GS」が国内販売されるぞ!

多くの普通二輪免許ライダーが待ち焦がれていたであろうBMW「G 310 R」の販売開始から、早いもので数ヵ月が経ちました。

バーゲンプライス!国内販売が開始されるBMW「G310R」は革新的な技術が投入されたのに価格も魅力!

「G 310 R」はシリンダー・ヘッドの向きを180度回転させ、インテークが前側に、エキゾーストが後側になるように配置された革新的な水冷単気筒エンジン(313cc)を搭載。憧れのBMWを普通二輪免許で乗れるうえ……

お値段も58万円とリーズナブルな設定であることも、大歓迎された由縁でした。

「G 310」シリーズの第2弾「G 310 GS」が国内販売される!

一方、当サイトでは「G 310 R」の派生モデルの登場を示唆する記事を掲載していました。

普通二輪免許で乗れるBMW「G310 R」のバリエーションはアドベンチャーモデルの「GS」!?

この過去記事は、あり勝ちなCG予想図ベースの煽りネタではなくて、公式リリースされた画像・情報に基づいた信頼性溢れる記事でした(自画自賛)。

そしてコチラが国内販売が発表されたニューモデル「G 310 GS」です!

BMWモトラッドのブランドを象徴するオフロード・スタイル”GS”の流れを汲む、普通自動二輪車免許で運転可能な排気量のモデルです。

フロントライトの下からシャープに伸びたアグレッシブなデザインのフロントフェンダーと、同じく高い位置に配置されたリヤエンドにより、BMWのオフロード・スタイルとしてのスポーティな個性を主張。

シートポジションは人間工学に基づいてライダーが疲れにくい位置に、フットレストやスイッチ類も操作性を重視して配置されており、体格に関わらず、リラックスした快適なライディングを可能にしています。

「G 310 GS」のディテール

さて、ニューモデル「G 310 GS」は「G 310 R」の派生モデルですので、基本骨格はベース車両と同一。

ということで、エンジンも排気量313ccの4ストローク・ダブルオーバーヘッド・カムシャフト水冷単気筒。シリンダー・ヘッドの向きを180度回転させたインテークが前側に、エキゾーストが後側に位置する特徴的なエンジン配置も、もちろんそのままです。

最高出力25kW(34PS)/ 9,500rpm、最大トルク28Nm / 7,500rpmです。

この特徴的なエンジンにより、燃料室に空気が直線的に供給され、高い走行性能を発揮します。さらに、重心が下がりフロントホイール寄りになるため、約169.5kgという極めて軽い空車重量と共に、躍動感ある走りを実現しているというワケです。

車両寸法は、全長2,075mm、全高1,230mm、全幅880mm。

フロントサスペンションは倒立式フォーク(41mm径)、リヤ・サスペンションはアルミ製スイングアームとセンター・スプリング・ストラットの組み合わせです。

「G 310 GS」の発売日と価格は?

さて、魅力的な”GS”スタイルを身に纏ってニューモデル「G 310 GS」。その発売日は11月1日(水)と発表されました。

そして気になる車両本体価格(消費税込み)は……66万9,900円です。ベースモデルと比較するとググっとお高いのは残念です。

「G 310 GS」のスペック

  • 全長×全幅:2,075×880×1,230mm
  • ホイールベース:1,420mm
  • シート高:835mm
  • 車両重量:169.5kg
  • エンジン種類 / 弁方式:水冷4ストローク単気筒 / DOHC4バルブ
  • 総排気量:313cc
  • 内径×行程:80.0×62.1mm
  • 圧縮比:10.6
  • 最高出力:25kW / 9,500rpm
  • 最大トルク:28Nm / 7,500rpm

参考-BMWモトラッド
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。