普通自動二輪ライダーよ!BMW「 G310R」が年内に登場だ! ただし、イギリス限定…

発表以来、世界中から注目されているBMW 「G310R」。東京モーターサイクルショー2016でも展示されて話題になったので、楽しみにリリースを待っている方も多いことと思います。

そこで今回は、リリースが待たれる「G310R」を復習しつつ、価格・発売時期などの最新情報をお伝えします。

BMW「G310R」とは?

BMW G 310 R (K03)

まずは、おさらいから。BMW 「G310R」とは、コンパクトなストリートファイター・スタイルのバイク。総排気量は313cc。そう、普通自動二輪免許で乗れるBMWなのです。車両の詳細は、東京モーターサイクルショー2016の記事で掲載していますので、ここでは簡単に。

BMW G 310 R (K03)

既存のBMWにはなかった、極めてコンパクトなサイズが大きな特徴。全長1,988×全幅896×全高1,227mm、車両重量は158.5kg、シート高は785mm。これなら取り回しが楽で、足着き性も良好。ビギナーにも乗りやすいに違いありません。

BMW G 310 R (K03)

ヘッドライト一体型の小型フロントカウルに、低めのバーハンドル、シャープなテールカウルなどを採用。ストリートファイター的なスタイリングを採用しています。シリンダーを180度後方に傾けつつ後方排気とした独特のエンジンの採用など、決して廉価版的なモデルでなく、力を入れて開発したことが伝わってきます。

BMW「G310R」の価格と発売時期は…

Capture

上の画像は、BMW Japan公式サイトのキャプチャー。かなり前から「G310R」は掲載されているのですが、残念ながら「日本仕様・価格および発売時期未定」のまま…。ドイツ本国サイトにも記載されていません。

ところが! BMW Motorrad UKのサイトには、価格4,290ポンド=60万円弱と明記されていました! 日本までの輸送費用や日本仕様への変更などが必要ですから、この通りにはならないと思いますが、なんだか期待したくなるお値段なのです。

そしてもう一つの気になる点、発売時期ですが、イギリスの情報サイトによりますと、「2016年11月末にイギリスでリリースされる」とのことです。日本もソレに合わせてくれると嬉しいのですが、どうなるのでしょうか?

BMW G310RのPV

そんな「G310R」ですが、BMW Motorrad本社より、プロモーション動画が公開されました! ワインディングを軽快に走るだけでなく、タンデムにも対応する充分なパワーがあることをアピールしています。できればエキゾーストノートも拝みたかったのですが…。

普通自動二輪免許(俗に言う”中免”)しかお持ちでないライダーさんが心待ちにしているに違いないG310R。早く日本でもその姿を見たいものですね!

参考 – BMW Motorrad JapanBMW Motorrad UK

Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。