BMW「K100」ベースのカスタムバイク「Impulse K101」の完成度が高すぎる!

最近BMW 「K」シリーズのカスタム車を目にする機会が増えてきたと感じますが、今日は非常に完成度の高い1台を発見したのでご紹介しましょう。ドイツのミュンヘンに拠点を置くカスタムビルダー”Impulse“が制作した「K100」 をベースにしたカスタム車両「Impuls K101」です。ちなみに「K100」とは、ボクサーツインを長らく作り続けたBMWが初めて市販した4気筒モデル。今に続く「K」シリーズの祖先と言えます。

ひたすら贅肉を削ぎ落とし、シンプルに仕上げることを目指した

「Impuls K101」はImpulseのPhilipp Wulk氏とMatthias Pittner氏が、アーティストのFabian Gatermann氏・Matthias Edlinger氏とがコラボレーションして製作した車両です。ひたすら贅肉を削ぎ落とし、シンプルに仕上げることを目指したそうです。

3Dモデルを元にモックアップを作成

まずFabian氏がスケッチを描いて、それを3Dモデル化。3Dモデルを元にモックアップを作成しました。モックアップを作成する過程で加えた微修正を3Dデータにフィードバック。それらを何度か繰り返して、完成度を高めました。

トライ&エラーを繰り返して完成

外装はMatthias氏が担当。何度も取付けては取外し、トライ&エラーを繰り返して完成させました。車両の制作はPhilipp氏とMatthias氏が担当しています。

多くのパーツをワンオフで製作

非常に多くのパーツをワンオフで製作しています。ほんの一例として、排気系一式・フレーム後部全体・シート&テールライトなどを挙げておきます。

他車用純正品も上手に流用

また、ワンオフにこだわらず他車用純正品を上手に流用しているのも本車両の面白いところ。例えば、写真のギアボックス・スイングアームは「K1100」用です。残念ながら写真はありませんが、クラッチ&ブレーキレバー・ハンドルバーなどには、ドイツ製カスタムパーツ・ABM社製品を採用しています。

現代的ストリートバイク「Impuls K101」

こうして現代的ストリートバイクに変貌を遂げた「Impuls K101」ですが「Weekend Heros」にて3万5,000ユーロ(日本円で約444万円)で販売中だそうです。ご興味のある方は、問い合わせてみればいかがでしょう?

参考 –  impuls

Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。