進化したBMWの電動スクーター「C evolution」がパリモーターショー2016で2種類展示!

10月に開催されるパリモーターショー2016に、BMWの電動スクーター「C evolution」の新モデルが2種類展示されることが分かりました!

BMW C evolution Long-Range Version

P90229594_highRes_the-new-bmw-c-evolut

今回の目玉は、Long Range Versionのリリースにあります。既に「BMW i3」に搭載されている容量94 Ahの新世代バッテリーの採用(旧モデルは60 Ah)に加えて、小径チャージケーブルが標準装備としました。定格出力が19 kW(26 hp)となり、旧モデルから8 kW (11 hp)も上げられており、最高出力は35 kW (48 hp)とされています。

P90229592_highRes_the-new-bmw-c-evolut

航続距離は160km、最高速度は129km/h。最高速度は旧モデルと比較して大差ありませんが、航続距離は大幅に伸びています。いよいよ実用的になってきました!

P90229562_highRes_the-new-bmw-c-evolut

充電はハンドル下部のカバーを外して行います。充電時間に関する記載は今のところありませんが、”Short charging times possible.”とのことです。

P90229572_highRes_the-new-bmw-c-evolut

電動スクーターらしいメーター。実際に運転したとき何よりも心配になりそうな「バッテリー残量」が分かりやすい表示になっています。

Europian Version は量産化の落とし所?

P90229611_highRes_the-new-bmw-c-evolut

コチラがEuropean Versionですが、外観からは違いが判断できませんでした…。

European Versionは、EUにおける免許制度に対応して企画されたモデル。EUでのA1免許(~125ccまで、最高出力が15馬力以下のオートバイを運転できる。取得できるのは16歳以上)に対応して、定格出力は11 kW (15 hp)とされており、 航続距離も100km、最高速度も120km/hへと落とされています。

ヨーロッパの免許制度については、当サイトの過去記事をご参照ください。

このEuropean Versionですが、BMW MotorradがC evolutionの量産化を目指す上での、現実的な落とし所と言えるのかもしれません。

続報はパリモーターショー2016にて!

いよいよ市販化が近づいてきた感のあるBMW「C evolution」。2016年10月1日から開催されるパリモーターショー2016でベールを脱ぐことが発表されています。その場で新しい情報が出てくると思いますので、続報が入りましたらご紹介したいと思います。

スクーター好きの筆者としては、実に楽しみなモデルです!

参考 – BMW Motorrad(本国)パリモーターショー2016

Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。