BMWベースのファンアート「ラジカル」は鎧のような独創的ルックスが特徴!

先日、BMW 「タイタン」というコンセプトモデルについて紹介しましたが、今回ご紹介するのも同じくBMWのファンアート・コンセプトモデル「ラジカル」になります。

コンセプトモデル「ラジカル」

BMW-Radical-Concept-1

こちらのコンセプトモデル「ラジカル」も、工業デザイナーMehmet Erdem氏がデザインしたファンアートです。人気映画『トロン・レガシー』に登場する、近未来的なバイクを連想させるイメージですが、そうではありません。

こちらの「ラジカル」は、伝統的なデザインから脱却しつつ、ロープロファイル(定重心)なライディングポジションを念頭に置き、低いハンドルバーを採用するなど、エアロダイナミクスを計算して作られたコンセプトモデルです。

鎧を連想させる特異なエクステリア

BMW-Radical-Concept-2

鎧を彷彿とさせる特異なエクステリアの大胆なデザインで、BMWらしさと言えば、辛うじてロゴだけというこのモデル。しかし、タイヤ周りはフロント・リアとも現行のそれに近く、実車化するのもそれほど手間がかからないような気もしてきます。

タイタン」と「ラジカル」、BMWのコンセプトモデルを2車種紹介しましたが、さすが工業デザイナーによるファンアートだけあって、どちらも斬新というか破天荒なデザインとなっていましたね。

それにしても、トルコの工業デザイナーMehmet氏のデザインは本当に独創的ですよね。願わくば実車化してほしいものです。

参考 – HiConsumption

上中達也

上中達也

BMX、MX、スケボー、サーフィンなど横ノリ全般をこよなく愛する。クルマやバイクの新車情報や、オモシロ動画を逐一チェックする癖アリ。