ブーツ好き必見!原宿に新進気鋭のブーツメーカー「DERIVE(ディライブ)」がオープン!

WESCO、WHITES、Danner、RED WINGなど、ブーツ好きにとって最高のブーツとは、自分の足にぴったりとフィットする「オーダーメイド」のブーツだ。

今回はそんなブーツファンの願いを叶えてくれるショップとして、先週土曜日に原宿にオープンした、新進気鋭のブーツメーカーを紹介したい。

原宿に店舗を構える「DERIVE(ディライブ)」

ブーツ好き必見!原宿に新進気鋭のブーツメーカー「DERIVE(ディライブ)」がオープン!

DERIVE(ディライブ)で取り扱う商品は、全てDERIVEオリジナル商品となっており、セミドレスからエンジニアまで様々なモデルを取り揃えている。

ユーザーの理想とする究極の一足を目指し、一人一人の足を実際に採寸し、レザー・カラー・ステッチ・ソール等、豊富に取り揃えたバリーエーションから選択が可能だ。

また、製法は基本グッドイヤーウェルト製法というコダワリにも注目していただきたい。

グッドイヤーウェルト製法(Goodyear welt process)とは?

グッドイヤーウェルト製法(Goodyear welt process)とは?

グッドイヤー製法とも言うが、正式にはグッドイヤーウェルテッド製法。 19世紀初めごろ、米国のチャールズ・グッドイヤー二世が、それまで手縫いだった靴を機械化に成功したためこの名が付いた。

現在ではセメント式など、簡素化した製法が発達したため少なくなったが、本格派の高級紳士靴などには、今でもこの製法が使われている。他の製法に比べ、職人の技術が重要なことと、多くの部品と手間がかかる分、たいへん丈夫で長持ちする、しなやかな靴が出来上がるのが特徴。

ローファーも取り揃えている

ブーツ好き必見!原宿に新進気鋭のブーツメーカー「DERIVE(ディライブ)」がオープン!

ローファーとは靴紐がなく、革の弾力を利用して足にフィットさせる構造である。男性用靴として進歩した歴史があるが、履きやすさと高いデザイン性のため、男性だけではなく女性にも愛されているモデルだ。

DERIVEではこの歴史を踏まえつつ、独特の感性をデザインに落とし込んだ秀逸なローファーも取り揃えている。

こう言ったら語弊があるかもしれないが、エンジニアブーツなどは、”そのカタチ”になっていれば、ある程度カッコ良く見えてしまうものだ。しかし、ローファーというモデルに関して言えば、カタチがシンプルであり、一切の妥協は許されないモデルだけに、粗も目立ってしまうが、仕立てのキレイなモノには、完璧なまでのクオリティーが際立つ。

DERIVEがローファーをラインナップに入れているということは、”言わずもがな”である。

熟練された知識と経験を積んだスタッフが、疑問・不安点などを事前に解消し、最後までサポートしてくれる。

また、サイズは20cmから用意しているため、ブーツのオーダーをしたい女性の方にも優しい。

ブーツの購入を考えている方であれば、既製品を買う前に一度DERIVEを覗いてみてはいかがだろうか。ブーツに対する考え方が少し変わるかもしれない。

【関連記事】

無理に無理してブーツを履く美学【for Rideコラム】

気に入ったスニーカーがなければナイキでカスタムオーダーだ!

【コンバースUSA】ポーラテックを使った70’s復刻チャック・テイラー

デニムを買うときに気になる「オンス(oz)」とは!? 良いデニムの見分け方

英国熟練職人によるスーツのオーダーメイドが日本初上陸!

参考 – DERIVE、画像 – OUT OF MIND

forRide編集部

forRide編集部

乗り物(Ride)を軸としたライフスタイル提案型の情報を発信する「フォーライド編集部」です。 乗り物のある生活、楽しみ方を提案し続けます!