ファン待望のホンダ「CRF1000L アフリカツイン」が遂に発売!

ホンダは、新開発の水冷4ストローク OHC直列2気筒 998ccエンジンを搭載したアドベンチャーモデル「CRF1000L Africa Twin」を、2月22日(月)に発売した。

ファン待望のアドベンチャーモデル

CRF1000L Africa Twinは、1988年に国内で発売されて以来、1990年代にはアドベンチャーカテゴリーを確立した「XRV750 Africa Twin」と同様に市街地のオンロードから高速道路さらには未舗装路まで、さまざまな道を走破できるアドベンチャーモデルだ。「どこへでも行ける」「True Adventure」を開発コンセプトに、次世代アドベンチャーモデルにふさわしい装備や技術を搭載したモデルとして開発された。

新開発の水冷エンジンと「セミダブルクレードルフレーム」を採用

新開発の水冷4ストローク OHC直列2気筒 998ccエンジンは、270度位相クランクによる不等間隔爆発および、ツインプラグの「位相点火制御システム」などを採用し、優れたトラクション性能を発揮するとともに、小気味よい鼓動感を実現している。

軽量でありながら十分な剛性を確保する「セミダブルクレードルフレーム」の採用でオフロードでの優れた走行性能とオンロードでの安定感のあるハンドリングを両立した。また、エンジンの背面にバッテリーなどの重量物を集中配置することで、マスの集中化を実現している。

「Honda セレクタブル トルク コントロール」を全車標準装備

加えて、「デュアル・クラッチ・トランスミッション」を採用することで、オンロードからオフロードまでライダーの感覚に沿ったコントロール性能を向上。荒れた路面でも効率よく動力を伝達する「Honda セレクタブル トルク コントロール」を全車標準装備する。

CRF1000L Africa Twinのカラー展開

デジタルシルバーメタリック

ヴィクトリーレッド

パールグレアホワイト

カラー展開はデジタルシルバーメタリック、ヴィクトリーレッド、パールグレアホワイトの3色展開。

価格は、デジタルシルバーメタリックが135万円、DCTのデジタルシルバーメタリックが145万8,000円。ヴィクトリーレッドとパールグレアホワイトが138万2,400円、DCTのヴィクトリーレッドとパールグレアホワイトが149万400円となっている。(すべて税込価格)

CRF1000L Africa Twinのスペック

エンジン型式・種類:水冷4ストローク OHC 4バルブ直列2気筒

総排気量:998cc

最高出力:70kW / 7,500rpm

最大トルク: 98N・m / 6,000rpm

内径×行程:92.0×75.1mm

全長×全幅×全高:2,335×930×1,475mm

軸距:1,575mm

最低地上高:250mm

シート高:スタンダード870mm(ロー850mm)

車両重量 :232kg(DCTは242kg)

最小回転半径:2.6m

燃料タンク容量:18.8L

変速機形式:常時噛合式6段リターン(DCTは電子式6段変速)

タイヤ: F90/90-21 M/C54H / R150/70R18 M/C70H(チューブタイプ)

この新型アフリカツインは、山へ川へ、どこへでも行けそうな、そんなワクワク感を与えてくれる、まさに”大人の遊び道具”であろう。もちろんオンロードでも優れた快適性を誇るため、ONもOFFも楽しませてくれる、そんな良作と言えよう。

筆者個人的には、これで北海道までのロングツーリングを企んでいる。想像しただけでワクワクが止まらない!

参考 – 本田技研工業

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。