各部が円熟したホンダ「CRF250L&CRF250M」の2017年モデルが発売!

ホンダが水冷4ストロークDOHC単気筒250ccエンジンを搭載した2車種、オン・オフロードモデル「CRF250L」と、スーパーモタードスタイルの「CRF250M」の2017年モデルを発表しました。

単なるカラーチェンジかと思っていましたが、地味に、しかししっかりと、各部の熟成が図られていたので、今回ご紹介しちゃいましょう。

CRF250L & CRF250M

CRF250L

念のため、あらためて両車の概要を紹介しておきますと、「CRF250L」と「CRF250M」は、力強く扱いやすい特性のエンジンを、しなやかな乗り心地を実現する、楕円断面形状の鋼管フレームに搭載することで、楽しく扱えるトータルバランスに優れたモデルとして幅広い年齢層のお客様から高い支持を得ている軽二輪スポーツモデル。

エンジンは、低・中回転域で力強い出力特性の水冷4ストロークDOHC250cc単気筒を採用。オフセットシリンダーなどの低フリクション技術を多岐にわたって採用したことなどにより、燃費は44.3km/L(60km/h定地走行テスト値)と優れた燃費性能を実現しています。

「CRF250L」のために設計されたフレームは、軽快性と安定性を両立し、しなやかな走りを可能とするスチール製ツインチューブタイプを採用しています。また、フロントサスペンションにはクッションストローク250mmの倒立タイプを、リアにはアクスルトラベル240mmのプロリンクサスペンションを採用することで、市街地からオフロードまで軽快で高い走破性を実現しています。

「CRF250M」の車体周りは「CRF250L」のフレームを踏襲しつつ、17インチのオンロードタイヤの装着と、前・後サスペンションのセッティングにより、市街地や郊外のワインディングロードにおける軽快なハンドリングと安定性を追求しています。

またフロントブレーキのディスクローターには、オンロードでの使い勝手を考慮して、大径のφ296mmとすることで、制動力の向上を図っています。なお、前・後17インチホイールの採用によって、シート高をCRF250Lより20mm低い855mmに設定し、良好な足着き性としています。

2017年モデルの変更点は?

CRF250L

CRF250M 2017年モデル

そんな両車ですが、2017年モデルでは、より扱いやすいエンジン特性とするために、スロットルボディーの口径を大径化するとともに、コネクティングチューブを100mm延長し、エキゾーストパイプの管径を拡大させることで、高回転域の出力向上と、力強い低速トルクの両立を実現しました。また、マフラー内部を3室構造から2室構造に変更し、歯切れの良いパルス感を演出するとともに小型軽量化を図りました。

スピードメーターには、タコメーターをはじめ、時計や燃料計、各警告灯などの豊富な情報を表示するフルデジタルメーターを採用しました。


また、リアフェンダーをシャープなデザインにするとともに、テールランプを新設計することで、軽快感と躍動感を演出しています。

ちなみに車体色は、両車ともに、モトクロスマシン「CRF450R」を彷彿させるエクストリームレッド1色の設定です。

「CRF250L」は足つき性を高めたType LDもラインアップ

CRF250L Type LD

「CRF250L」には、前・後のサスペンションを変更することでシート高を45mm下げ、足つき性を向上させたローダウン仕様のType LDも設定しています。

気になる発売日と価格は?

地味ではありますが、細部の変更によりエンジンの出力特性をより扱いやすいものとしたうえで、もはや必須装備になりつつあるデジタルメーターを採用した「CRF250L」「CRF250M」の2017年モデル。

なお、2月20日(月)より発売されており、車両本体価格(消費税込み)は以下の通りです。

  • CRF250L:49万7,880円
  • CRF250L Type LD:49万7,880円
  • CRF250M:53万8,920円

最後にスペックを掲載しておきましょう。

CRF250L & CRF250Mのスペック

鍵カッコ〔 〕内は「CRF250 L」Type LD。カッコ( )内は「CRF250M」。

  • 全長×全幅×全高:2,195×815×1,195mm〔2,175×815×1,150mm〕(2,125×815×1,150mm)
  • ホイールベース:1,445mm〔1,430mm〕
  • シート高:875mm〔830mm〕(855mm)
  • 車両重量:144kg〔143kg〕(146kg)
  • エンジン種類 / 弁方式:水冷4ストローク単気筒 / DOHC4バルブ
  • 総排気量:249cc
  • 内径×行程:76.0×55.0mm
  • 圧縮比:10.7
  • 最高出力:18kW(24PS)/ 8,500rpm
  • 最大トルク:23Nm(2.3kgf・m)/ 6,750rpm

参考 – ホンダ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。