DEUSだけじゃない!イギリスのバイク×サーフなカスタムショップ「CMBL」

以前『DEUSがヤマハ「ボルト」をカスタムするとこうなる!』でもご紹介しましたが、モーターサイクル・カルチャーとサーフ・カルチャーのクロスオーバーは、次なるモーターサイクルシーンのトレンドとなりつつあります。

今回は、そんなサーフカルチャーの雰囲気を醸し出すイギリスのカスタムショップご紹介いたします。

イギリスのカスタムショップ「CMBL」

DEUSだけじゃない!イギリスのバイク×サーフなカスタムショップ「CMBL」

CMBLはイングランド南西端に位置するコーンウォールに店舗を構えるカスタムショップです。バイクのカスタムの他にサーフボードのシェイプも行う、まさにクロスオーバーなカスタムショップ。

ちなみに上記画像がオーナーのJohn Eldridge(ジョン・エルドリッジ)氏。

サーフボードが積めるバイク「BEACH HOPPER」

DEUSだけじゃない!イギリスのバイク×サーフなカスタムショップ「CMBL」

DEUSだけじゃない!イギリスのバイク×サーフなカスタムショップ「CMBL」

「BEACH HOPPER(ビーチ・ホッパー)」と名付けられたこちらのバイクは、ホンダの「CB100N」をベースとしたカスタムバイクです。なんといっても注目すべきは、左サイドにサーフボードを積めるキャリアが付いているということ。

DEUSだけじゃない!イギリスのバイク×サーフなカスタムショップ「CMBL」

キャリアを外すと、いたってシンプルなカスタムバイクです。ちなみにベース車両のホンダ「CB100N」は空冷4ストロークSOHC単気筒エンジンで、最高出力11.5hp(8.4kW) / 10,500rpmとなっています。

DEUSだけじゃない!イギリスのバイク×サーフなカスタムショップ「CMBL」

サーフボード用キャリアが取り付けられると、結構左側に張り出します。おそらく左足がサーフボードに当たらないようにするため、ある程度のクリアランスをとったものと思われます。

DEUSだけじゃない!イギリスのバイク×サーフなカスタムショップ「CMBL」

シートレールは、最近めっきり見かけなくなったループ加工。トラッカーやスクランブラーが流行っていた90年代後期にはよく見たカスタムでした。

DEUSだけじゃない!イギリスのバイク×サーフなカスタムショップ「CMBL」

シート下はトラッカーカスタムの基本、スカチューンですね。空いたスペースにアルミ製のワンオフ電装ボックスが鎮座。しかしもう少し作り込んで欲しかったような気もします。

DEUSだけじゃない!イギリスのバイク×サーフなカスタムショップ「CMBL」

生ゴムのグリップに、おそらくPOSH製のスイッチボックス。これによりハンドル周りがすっきりしています。

いかがだったでしょうか。

バイクのカスタム自体はそこまでパンチの効いたものではなく、いたってシンプルに。

自然体になれる、まさにサーフカルチャーと融合したカスタムということですね。

【関連記事】

DEUSがヤマハ「ボルト」をカスタムするとこうなる!

ウェットスーツ?いえいえウェット対応の”リアルウェットスーツ”です!!

DEUSでカスタムしたオーランド・ブルームのBMW「S1000R」

国内外で活躍する「サイケデリック・ペイント」の第一人者

感謝の意を名前に込めたビーズアクセサリーブランド「SunKu」

参考 – CMBL

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。