Deusがカスタムするとトライアンフ「スクランブラー」がこうなる!

何かと当サイトでは取り上げる機会の多いブランド「Deus Ex Machina」。今回紹介するのも同店がカスタムを施したトライアンフ「スクランブラー」だ。

「THE ONIX」と命名されたトライアンフ「スクランブラー」

全体的にマットブラックのカラーリングで統一されていることから「THE ONIX」と命名された2012年式のトライアンフ「スクランブラー」。実にオトコ臭いワイルドな雰囲気漂うバイクとして仕上げられている。

大幅なカスタムを経て雰囲気を一変させた

フロントにはワンオフで作られた小さめのフェンダーを装着、リアサスにはオーリンズを履きアップグレード。スイングアームにバッテリーを再配置することでスカチューンを演出。マフラーは左出しの小さめなマフラーに変更されている。また、本革製のカスタムシートには防水加工が施されるといった実用的な処理も施されている。

サーフラックを装着することで「Deus Ex Machina」の世界観を具現化

無駄なものを排除し、マットブラックでスタイリッシュにまとめ上げられた「THE ONIX」。最後はサーフラック用ブラケットを装着することで、「Deus Ex Machina」の世界観を具現化したマシーンであることを主張している。

こんなトライアンフ「スクランブラー」なら、いつでも愛車にしたいと考えているのは筆者だけではないだろう。

参考 – Deus Ex Machina、 Deus debuts a sinister Triumph Scrambler : Acquire

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。