DEUSがヤマハ「スコーピオ」をカスタムするとオフロード×サーファー仕様になる!

モーターサイクル、サーフィン、スケートボード、といったカルチャーをクロスオーバーさせたライフスタイルを提案するというオーストラリアのブランド「Deus Ex Machina」がカスタムを施したヤマハ「スコーピオ」が、まさに同店のコンセプトを体現するかのようなマシンとして仕上がっていたので紹介したい。

ヤマハ「スコーピオ」をベースにカスタム

B46T7294

B46T7172

B46T7252

B46T7211

B46T7262

“モーターサイクルカルチャー×サーフカルチャー”を標榜に掲げるデウスには、サーフボードが運べるカスタムバイクを必要としていた。そこでインドネシアのバリ島(チャングー)にあるデウスエクスマキナの初プロジェクトとしてスタートさせたのが、このヤマハ「スコーピオ」をベースにカスタムした「バリ・ドッグ」だ。

ちなみにヤマハ「スコーピオ」とは?

ちなみに、ヤマハ「スコーピオ」とは、ヤマハ発動機グループのインドネシア部門で、ジャカルタ市内のオートバイ製造・販売子会社ヤマハ・インドネシア・マニュファクチャリングが製造・販売するロードスポーツモデルだ。インドネシアを拠点としたアセアン圏内での販売のため、日本では、姿はおろか名前すら聞いたことのある方は少ないのではないことだろう。

エンジンの排気量は223ccで、4ストローク単気筒。最高出力13.4kw(18.0HP)/ 8,000rpm、最大ルク17.5Nm / 6,500rpm、5速ミッションとなっている。

ロードスポーツモデルをオフロード仕様にカスタム

B46T71888

さて、ベース車両を見て気づかれた方もいると思うが、「バリ・ドッグ」は、それこそバリバリのオフロード仕様だが、「スコーピオ」はどう見てもそうではない。ロードスポーツモデルと説明すらされている。つまり、「バリ・ドッグ」は単なるオフロード車にサーフィンを乗せるキャリアを付けたバイクではなく、ロードスポーツモデルをオフロード仕様に+サーフボードキャリアを装着したカスタムなのだ。

インドネシアの地形に合わせオフロード仕様に

0E6E2361

B46T4475

元々、デウス・インドネシアのダスティンハンフリーは、趣味で「スコーピオ」いじり始めたという。個人的なプロジェクトとして開始された「バリ・ドッグ」はデウスエクスマキナのプロジェクトとして引き継がれた。派手なカウルなどの外装パーツを剥離し、ワンオフのタンクとシートを装備。それ以外にも、フェンダーやハンドルバーなどは、スズキ製バイクの純正パーツなどを流用し、ヴィンテージのルーカステールをチョイス。多様なインドネシアの地形のため、クールなオフロード仕様へと大幅な変貌を遂げた。

カスタムバイクにはストーリーがある

0E6E9954

LOMBOK_D03_492

「バリ・ドッグ」は一度のカスタムで現在のカタチになったのではなく、幾度もの改修を経て、現在のカスタムに落ち着いている。

いやはや、初見ではヤマハ「AG200」ベースかと思っていたら、まさかの「スコーピオ」! 毎度のことながら、デウスのカスタムセンスの良さには脱帽である。

参考 – MachinaDeus EX MACHINA

上中達也

上中達也

BMX、MX、スケボー、サーフィンなど横ノリ全般をこよなく愛する。クルマやバイクの新車情報や、オモシロ動画を逐一チェックする癖アリ。