初心者バイカー必見!公道に潜む危険ポイントと回避術!

前回、バイク免許取得後の難関!公道デビューに気を付けろ!について書きましたが、今回はその公道での危険なポイントをチェックしてみました。

中でも代表的な「危険」について書かせていただきます。バイク初心者の方は公道運転の参考にしていただければと思います。

坂道

教習中に苦戦した人もいたのではないでしょうか。バイクの多くはマニュアル車、坂道発進はテクニックが必要ですよね。

教習所では教官がいて後続車も来ないのでじっくり挑めましたが、公道ではそうはいきません。ブレーキが甘くバックしてしまい後続車と接触アクセルの開け過ぎによる急発進手順を焦ってしまい立ちごけ、などの危険があります。

手順として、後輪ブレーキをしっかり踏んで待機、アクセルを平地よりも強めに回し半クラッチになるポイントまで当てて後輪ブレーキを解除

言葉でいうのは簡単ですが、これら一連の流れを焦らず落ち着いて実行しましょう。

マンホール

バイカーの鬼門のような存在! 非常に滑りやすく、危険なマンホール上では絶対にブレーキをかけないこと。

カーブを曲がるときにマンホールがあった場合は特に要注意。大きくバンクさせて曲がると滑ってしまう可能性があります。タイヤとマンホールはゴムと鉄、摩擦力が低いため滑りやすくなります。

もっと気を付けたいのは雨天時のマンホール。ただでさえ滑りやすいマンホールがさらに滑りやすくなります。急加速、急ブレーキはかけないようにしましょう。

落ち葉

こちらもバイカーにとって非常に厄介な障害物。紅葉目当てのツーリングでは要注意です。筆者の知人はいろは坂にツーリングに行ったそうなのですが、そこでやらかしております。

いろは坂は絶好のワインディングロードですが、カーブを曲がる際に落ち葉で滑ってこけたようです。その転倒で知人はバイクのタンクがへこんでしまうハメに……

マンホール同様、落ち葉も極力避けて走りましょう。

公道において走るポジションはどこがいいか?

皆さん、教習所でキープレフトを習いましたよね? そのキープレフトにちょっとメスを入れてみます。実際バイクを公道で走るときは四輪ドライバーにとってどう見えているかを思い浮かべてみてください。バイクが前を、その後ろを四輪が走っているとします。キープレフトで走った場合、四輪ドライバーには前のスペースが空いて見えるので横につけられたり、追い越しを誘引したりします。

バイクに乗っていると当然体が剥き出しなので、四輪に近くで運転されると危険を感じます。キープレフトで走っていると四輪の左折時に巻き込まれる危険が生まれます。ではどうするのが一番か? 堂々と真ん中を走りましょう。真ん中を走ることで四輪からは前のスペースが空いて見えません。二輪だって公道を走ることの出来る立派な車両です。堂々と真ん中を走って存在をアピールしましょう。

いかがでしたか? 公道には教習所では経験することの出来ない様々な状況が発生します。その危険な状況やケースを頭で把握しておくことも大事ですが、やはりたくさん乗って運転に慣れることが上達への一番の近道です。事故には十分気を付けながら様々な状況を経験し、快適なバイクライフを送りましょう。

画像 – Flickr:Yasunari(康就) Nakamura(中村)Moyan Brenn
一康

一康

現在ファッション業界管理職の一康です。愛車はシャドウファントム。ファッション、バイクを通じ多くの方々の共感をお待ちしております。