2台のドゥカティ「スクランブラー」ベースのコンセプトモデルがイタリアのコンクールで高評価!

イタリアの雄ドゥカティが「スクランブラー」をベースにしたカフェレーサー&オフロード仕様のコンセプトモデルをコンクールに出品し、高評価を得ました。

今回は、その2台のカスタム車両と共に、ベースとなったモデルもご紹介しましょう。

コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ

その前に、ドゥカティ本社がカスタム車両を出品したコンクールについて。

それは”コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ”。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、その第1回はナント1929年にイタリアはコモ湖畔で開催されたという歴史あるコンクールです。

年代のほか、車両のジャンルごとに細かくクラス分けされて、車両の希少価値やオリジナリティなどが厳しく審査されます。

Scrambler Cafe Racer Custom

その”コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ”の”コンセプト・バイク&ニュー・プロトタイプ:バイク・デザイン部門”で優勝したのが、このドゥカティ「スクランブラー・カフェレーサー」のコンセプトモデル。製作したのはドゥカティ本社のデザインセンターです。

比較のため、ノーマル車両の写真を掲載しておきます。ノーマルも、ご覧の通り見事なカフェレーサー・スタイルですね。

一方、コンセプトモデルの特徴はというと、オールアルミで製作された外装類にあります。ガソリンタンクとシングルシートカウルのアンダーラインは直線をなしており、それが近未来的なイメージを醸し出しています。シートレザーはハンドステッチです。

ヘッドライトはLEDに変更され、シェルもアルミ製に。またホイールもクロスタイプのスポークに変更されています。

2-1の排気系はブラックペイントされ、マフラーは短いリバースコーン付きとされています。

Scrambler Desert Sled Custom

もう1台のコンセプトモデルは、ドゥカティ「スクランブラー デザート・スレッド」をベースにしたもの。同じ”コンセプト・バイク&ニュー・プロトタイプ:バイク・デザイン部門”で3位に入賞しました。

コチラも念のためにノーマル車両を掲載しておきます。

残念ながら「デザート・スレッド」ベースのコンセプトバイクは詳細が明らかにされていませんが、カフェレーサー仕様と同じく、オールアルミの外装類が主な特徴です。

前後タイヤにピレリ”Scorpion”を装着。フロントフォークのインナーチューブはコーティングが施されている様子。リアショックも交換されているようです。

マフラーもアップタイプとされていますが、フェンダーの内側に設置されています。

ドゥカティ「スクランブラー」は変幻自在なのだ!

ドゥカティ・デザイン・センター・ディレクターのアンドレア・フェラレージは、次のようにコメントしています。

この素晴らしい結果を心から誇りに思います。この部門に参加したコンセプトモデルは、どれも本当に美しいものばかり。あらゆるカテゴリーを代表する美しいマシンの中から、ドゥカティのCafé Racerがヴィラ・エルバ・トロフィーに選出されたことに本当に喜びを隠せません。

いかがでしたでしょうか?今回は、イタリアのドゥカティ本社が提案した「スクランブラー」ベースのコンセプトモデル2台をご紹介してみました。

既に発売されている車両をベースにしたコンセプトモデルということは、ドゥカティの立場からすれば「こうやってカスタムしたら?」という提案ということでしょう。

両車ともに国内販売モデルですから、ご興味を持たれた方は、ドゥカティ正規販売店に問い合わせてみてくださいね!

これはオシャレ!ドゥカティ「スクランブラー・カフェレーサー」は日本でも発売されるぞ!

ドゥカティ「スクランブラー」をさらにオフロード仕様にするとこうなる!

参考-Ducati
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。