極太ブロックタイヤが凶暴すぎる!アメリカのダートドラッグレースが面白い!

アメリカ発祥のモータースポーツ「ドラッグレース」、当サイト読者の皆さんはご存知のことと思います。横に2台並んで停車状態からスタートし、直線1/4マイル(約400m)の速さを競います。サーキットの直線などのオンロードで行うのが一般的ですが、今回ご紹介するのは、なんと「オフロードドラッグレース」です。

ダートドラッグレースは以外に本気だ!

062_02

最初に登場してきたのはカワサキ空冷4気筒を搭載したマシン。オフィシャルさんはラフな格好ですが、マシンをご覧いただければおわかりのように結構マジです。この辺りのお馬鹿加減がアメリカ的で大好きです!

062_03

物凄い勢いで路面を掘り起しながら発進します!

062_04

この「オフロードドラッグレース」の最大の弱点は、背後からのアングルになるとスタート後は何も見えなくなるところですかね。

異種格闘技的にいろんなマシンが参戦

さて、今度は他の参加マシンを見て行きましょう。

6754

スズキの空冷4気筒搭載車が登場しました!

rth

どうでも良いかも知れませんが、この方、グローブなし! 素手で走っちゃってました。スゲー…。

Mainoo

マシンのリアビューはド迫力! 超ファットなブロックタイヤに心を奪われます。

24

でもスタートすると、やっぱりコレ…。まぁ、このアングル、大相撲でいうところの砂被り席なので仕方ないですね。

062_05

お次はVツインを搭載したマシンの登場です。

062_06

コチラも超ファットなブロックタイヤを装着していますが、リアフェンダーも凄いことになっています。良く見るとファイヤーパターンのペイントも美しい!

4563

ゴール後の1シーン。実にのどかです。アメリカの正しい休日の過ごし方的で、なんだか筆者も現場に行ってみたくなりました。

マジなダートドラッグレース!

それでは、最後に動画でお楽しみにください!

いかがだったでしょう。アホらしくも面白いダートドラッグレース、日本で開催することは…ないでしょうね。アメリカ人の馬鹿さ加減とパワーに、心から敬意を表したいと思った筆者です。

参考 – Youtube : Top Fuel Motorcycle Dirt Drag Racing

Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。