エンジン不在!? 収納スペースだらけのコンセプトバイク!

バイクに乗っている人であれば、一度は不便に思ったことがあるであろう、荷物の運搬。

「かっこいいスポーツバイクに乗りたいが、荷物の持ち運びもスタイリッシュに行いたい」そんなわがままな要望を全てクリアするコンセプトバイクが、Adobeのオンライン展示・共有プラットフォーム「Behance」にて公開されていましたので、ご紹介いたします。

独特のカバーデザインが気になるコンセプトバイク

こちらは、フランス人デザイナーであるMarc Capdevila氏を中心に製作された”Gala 279″というコンセプトバイク。

このコンセプトバイクの最大の特徴は、100L分の荷物が運べるということ。しかしどこにそんなに積めるのか?

エンジン不在!? 収納スペースだらけのコンセプトバイク!

まずはこちらの画像を見るかぎり、普通のバイク(いや、正確にはちょっとわかったカバーがついたバイク)です。

しかし、ライダーがおもむろにバイクから降りて、タンク上部をパカッと開いて、まずヘルメットを収納!

エンジン不在!? 収納スペースだらけのコンセプトバイク!

おぉ! これは往年の”Nチビ”と同じで、ダミータンクなのですね。

エンジン不在!? 収納スペースだらけのコンセプトバイク!

次にサイドカバーを開けると、なんとそこにエンジンは無く、ダンボールが満載されています。

こんなところに、まさかの収納スペース!

エンジン不在!? 収納スペースだらけのコンセプトバイク!

「こんなのコンセプトバイクなんだから、どうせ走らないんでしょ?」とお思いの方。

いえいえ、ちゃんと走るんです!

それでは動画をどうぞ!!

また、こういったバイクを製作する場合、プラスチックや鉄を多様することから、金型の先行投資が博大な金額になってしまいますが、”Gala 279″の場合は、外装にコーデュラ・ナイロンを使用しているため、低価格での製作を実現しているのです。

製作風景をみると、かなり本気です!

エンジン不在!? 収納スペースだらけのコンセプトバイク!

エンジン不在!? 収納スペースだらけのコンセプトバイク!

エンジン不在!? 収納スペースだらけのコンセプトバイク! エンジン不在!? 収納スペースだらけのコンセプトバイク!

エンジン不在!? 収納スペースだらけのコンセプトバイク!

いかがでしょうか。民間のデザイナーが発表したコンセプトバイクとはいえ、かなりの完成度だと思いませんか。

ちなみに排気量は300ccらしいので、ビジネスやプライベートなど様々なシーンにも十分対応できそうですね。

参考 – Behance

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。