マルク・マルケスが今季2勝目を達成!ドイツGP「ザクセンリンク・サーキット」が熱い!

二輪レースの歴史も古い「Moto GP」は、国際モータ―サイクリズム連盟(FIM)が主催するロードレース世界選手権です。

Moto GPは、トップライダーが集まる最高峰の舞台。最大排気量1,000㏄、4気筒以下、最大ボア径81mmの4ストロークのレシプロエンジンを搭載したマシンが使用されています。2016年にはレギュレーションの改訂があり、新たにKTMのチームも参戦しレースが展開されています。

14年ぶりの3冠達成に期待

2017年7月2日(日)ドライコンディションのなか行われた決勝に、3日間で16万4,801人の観客が集まりました。

世界中のトップライダーがトップの座をかけてバトルが繰り広げられ、ホンダは初参戦から2015年までで通算700勝を達成。

今シーズンはチームでのタイトルをかけての参戦です。既にライダーとコンストラクターズタイトルで2冠を制覇。チームでのタイトル獲得になれば、14年ぶりの3冠達成となり期待も高まります。

「Moto GP 優勝」マルク・マルケスのコメント

「この勝利をニッキー(ヘイデン)と彼の家族に捧げたいです。僕はニッキーととてもすばらしい時間を過ごしました。彼は僕の友人であり、彼が事故で亡くなったあと、彼のために優勝しようと誓いました。」

チャンピオンシップは10ポイント以内に4人がひしめき合っています。ダニもそれほど離れていません。これから夏休みを取りますが、後半戦のブルノ(チェコGP)に向けて準備したいです」

前半戦の第9戦でもある「ドイツGP」では、マルク・マルケスが2勝目を達成しています。このレースで総合4位から総合首位となり、4度目のタイトル獲得を目指します。

「Moto GP 3位」ダニ・ペドロサのコメント

「もう少し強いレースがしたかったのですが、表彰台に立てたことはとてもポジティブでした。チャンピオンシップでは多くの選手との差を縮めました。夏休みの間に2日間のテストがあります。改善しなくてはいけない部分は分かっているので、その部分に集中したいです」

今季5度目の表彰台獲得となったべドロサは、ポイントを伸ばし総合2位に追いつく勢いです。同じチームの2人が表彰台に立つのは今季で4度目となり、後半戦のレースでは熱いバトル展開になりそうです。

RC213 Vクラス:Moto GPのスペック

全長 / 全幅 / 全高:2,052 / 645 / 1,110mm

ホイールベース:1,435mm

最低地上高:115mm

エンジン形式:水冷4st.DOHC4バルブV4

総排気量:1,000cc

最高出力:180kW以上

フレーム形式:アルミツインチューブ

フロントタイヤ:17インチ

リアタイヤ:17インチ

燃料タンク容量:22L

RC213V-S(キット装着)のスペック

全長 / 全幅 / 全高:2,100 / 770 / 1,120mm

ホイールベース:1,465mm

最低地上高:120mm

エンジン形式:水冷4st.DOHC4バルブV4

総排気量:999cc

最高出力:158kW以上 / 13,000rpm

最大トルク:118kgf・m以上 / 10.500rpm

燃料タンク容量:16.3L

参考-ホンダ

smile

smile

楽しいとおもえる時間や空間が好き。趣味はバイクで自由気ままに走ること。車・映画・音楽・ファッション。色んな視点から走る楽しさを伝えていきたい。