ハーレーのファクトリーカスタムが武装強化!「CVO」&「S」シリーズ新作発表【東京モーターサイクルショー2016】

最近のハーレーダビッドソンは、純正カスタムモデルの充実ぶりがすごい。ハンドメイドで作られる超豪華なファクトリーカスタム「CVO(Custom Vechicle Operation)」シリーズや、特別仕様の「Sシリーズ」などのラインナップは、どれも「有名カスタムビルダーの作品なの?」と思うほどの仕上がりだ。

そんなハーレーダビッドソン純正カスタムモデルの新型2機種が、2016年3月25日〜3月27日に東京ビッグサイトで行われた「東京モーターサイクルショー2016」でお披露目。いずれも、すでに当サイトでは紹介したモデルだが、現車をチェックしてきたので、そのレビューをお届けしよう。

タンクのフィニッシュが見事!

th_1H3A8618

CVO(Custom Vechicle Operation)

まずは、「CVO プロストリート・ブレイクアウト」。ドラッグマシンからインスパイアされた、レーシーなスタイルと細部にまでこだわったフィニッシュが魅力のマシンだ。エンジンは、ハーレーダビッドソンで最大・最強のスクリーミングイーグル・エアクールド・ツインカム110Bを搭載。排気量1,801ccの空冷Vツインで、最大トルクは126Nm(12.84kgf・m)だ。

注目はプッシュロッドなどに採用された“スモークサテンクローム”

1H3A8618c
注目はプッシュロッドなどに採用されたスモークサテンクローム。キャンディブラックの色合いと輝きが、ドラッガーイメージをさらに強調している。

フィニッシュの美しさは絶品!

th_1H3A8620

フューエルタンクのサイドラインには、微妙な濃淡を表現したゴールドリーフ風ペイント。アメリカのカスタムカーペイントでは有名な手法を用いることで、ホットロッドな雰囲気もプラス。ラインの上下にはゴールドのラインも施すなど、フィニッシュの美しさは絶品だ。

はっきり言ってかっこいい。こいつをこれ以上イジるには、よほどのセンスと腕が必要。それほどの完成度の高さだ。

ダイナフレームに禁断のエンジン

th_1H3A8626

LOW RIDERS S

一方、「S」シリーズの新作「ローライダーS」。こちらの特徴は、本来「CVO」シリーズにだけ搭載が許されるエンジン、スクリーミングイーグル・エアクールド・ツインカム110Bを、熟成のダイナフレームに搭載していること。スタンダードの「ダイナ・ローライダー」が搭載するのは1,584ccのツインカム96Vツインで、最大トルクは116Nm(11.82kgf・m)。つまり、排気量もパワーもスープアップ! ハイパワーなエンジンに合わせて、前後サスペンションやブレーキも強化。また、スプリット5スポークホイールやレーシーなフロントカウルも特徴的だ。

「ローライダー」は、元々1977年にファクトリーカスタムモデルとして登場。つまり、コイツは伝統によりスタンダード化したカスタムを、現代的にグレードアップさせたモデルといえる。ワイルドでパワフルという乗り味を、ぜひ一度体感してみたいものだ。

CVO プロストリート・ブレイクアウト スペック

全長:2,330 mm

シート高:660 mm

ホイールベース:1,680 mm

タイヤ:F-130/60B19 61H、R-240/40R18 79V

フュエルタンク容量: 18.9L

車両重量:318kg

エンジン:エンジン型式 Screamin’ Eagle Twin Cam 110B 空冷45度Vツイン

排気量:1,801cc

最大トルク:126Nm/3,498rpm

価格:339万円(税込)

ローライダーS スペック

全長 :2,390 mm

シート高:685 mm

ホイールベース: 1,630 mm

タイヤ:F-100/90B19 57H、R-160/70B17 73V

フュエルタンク容量(L): 17.8L

車両重量:293kg

エンジン:エンジン型式 Screamin’ Eagle Twin Cam 110 空冷45度Vツイン

排気量: 1,801 cc

最大トルク:143Nm/3,500rpm

価格: 229万円

参考 – ハーレーダビッドソンジャパン

平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。