アメリカ…例のコーナー定点観察!グロムとハーレーの過激なアクションライド

カリフォルニア州にあるマルホランドハイウェイをご存知でしょうか。総距離は約50マイル(80.45km)に及ぶハイウェイです。そのハイウェイの途中にある、通称「Snake」と呼ばれる、23ものコーナーを持つ短い区間こそ、地元の走り屋達が目指す絶好の“攻めポイント”なのです。

Youtubeでバイク動画を観るのが好きな方であれば、一度は観たことがあるであろう有名な道ですよね。(転倒しちゃう動画が有名…)

今回は、そんなマルホランドの走り屋、マルホランド・ライダーズたちの動画をご紹介しましょう。

Harley & Grom Stunts

この動画は、マルホランド・ライダーズの動画を定期的にアップし続けているRNickeyMouse氏が投稿したもの。タイトル「Harley & Grom Stunts」の通り、ハーレーとグロムに乗った男達が、次々とスタントを披露してくれます。

まずは、ハーレー・ダイナのウイリーから始まります。

観ていると、圧倒的にクラブスタイルのダイナが多いですね。ウィリーなどのアクションライドには、やはりダイナが一番向いているのでしょう。

1fss

どんなコーナリングしとんねーん!とツッコミを入れたくなるほどのハングオンも観ることができます。

ホンダ「GROM」も人気!?

さらに動画を観ていると、ホンダの原付二種スポーツモデル「GROM(グロム)」が複数台登場します。

先日、当サイトでも「原付二種がアツい!ホンダの人気モデル「グロム」は世界中で流行の兆し!?」という記事を配信していますが、本当にグロムは人気が高いようで、ハーレーよりも圧倒的にグロム乗りたちが目立ちました。(動画の編集にもよりますが…)

軽々とアクションライドをキメまくる!

車重が軽いからか、どのライダーも簡単そうにアクションライドをキメています。

それにしても、タンクトップでバイクに乗るのは如何なものかと…。

ウイリーだけでなく、ストッピーもバッチリとキマっています。

ダラダラ観るだけでも楽しめますので、ぜひ動画もお楽しみください。

いかがだったでしょうか。ハーレーとグロムのスタント競演。良く観ると中には女性も参加しているんですね。せめて半ズボンやタンクトップはヤメなさい!と思ってしまいますが…。

それにしても、この動画を観ているとグロムでアクションライドしたくなっちゃいますね。

参考 – Youtube : Harley & Grom Stunts

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。