ストリートファイタースタイルのホンダ「CB250F」に特別カラー”スペシャルエディション”が登場!

ホンダの250cc軽二輪ロードスポーツモデル「CB250F」がカラーリングを一部変更し、2016年1月15日(金)より発売開始する。また、新たに特別カラーを施した「CB250F Special Edition」を2015年11月13日(金)から2015年12月25日(金)までの期間限定受注で2015年12月7日(月)に発売する。

CB250Fは、たくましくダイナミックなネイキッドスタイルと、レスポンス性に優れた力強い出力特性の単気筒エンジンの採用、軽快なハンドリングなどにより、エントリーユーザーからベテランまで、幅広い層のユーザーに支持されているモデルとなっている。

CB250F(新色)

ホンダ「CB250F」に期間限定受注の特別カラー「CB250Fスペシャルエディション」が登場!

ホンダ「CB250F」に期間限定受注の特別カラー「CB250Fスペシャルエディション」が登場!

ミレニアムレッドのカラーリング構成を変更。新たにフロントカウルの下部をミレニアムレッドとすることで、精悍なフロントスタイルをよりシャープなイメージとしたほか、リアカウルをブラックとすることで車体前方の塊感を強調し、CB250Fのたくましく躍動感あふれる「ストリートファイタースタイル」を一段と強く演出している。

車体色はABSタイプとともに、ミレニアムレッドのほか、現行のブラックと合わせて全2色を設定。

CB250Fスペシャルエディション

ホンダ「CB250F」に期間限定受注の特別カラー「CB250Fスペシャルエディション」が登場!

ハイコントラスト色による特別カラーを施した「CB250Fスペシャルエディション」を新たに設定。

CB250Fの「モーターサイクルの楽しさ、喜びを手軽に体感」というキーワードを、より幅広い層のお客様に提案するモデルとしている。車体色はレモンアイスイエロー1色のみ。

CB250Fの主要諸元

全長×全幅×全高:2,035×760×1,045mm

シート高:780mm

車両重量:158kg(ABSは161kg)

エンジン種類:水冷4ストロークDOHC 4バルブ単気筒

総排気量:249cc

最高出力:21kW(29PS) / 9,000rpm

最大トルク:23 N・m(2.3kgf・m) / 7,500rpm

燃料タンク容量:13L

変速機形式:常時噛合式6段リターン

タイヤ:F110/70-17M/C 54S、R140/70-17M/C 66S

<メーカー希望小売価格>

CB250F:46万4,400円(税込)

CB250F(ABS):51万5,160円(税込)

CB250Fスペシャルエディション:46万4,400円(税込)

CB250Fといえば、その独特のストリートファイタースタイルが特徴。若干高めのシート高と、スタイリッシュな薄めのシート厚、前傾姿勢になりすぎない適度なバーハンドル、前のめり気味のスタイリングとなっており、スイスイ街乗りするのに適したモデルと言える。難点といえば、ロングツーリングにはやや不向きという点だ。おっさんライダーであればお尻や腕が疲れてしまうかもしれない。

しかしながら、同モデルキーワードである「モーターサイクルの楽しさ、喜びを手軽に体感」という点では、まさにその通り! よく回るエンジンと、よく止まるブレーキはもちろん、コンパクトかつ軽量なので小回りもきく。”バイクを操る喜び、バイクに乗る楽しさ”を存分に体感できる、若手ライダーやリターンライダーにもオススメのモデルだ。

参考 – HONDA

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。