やっぱこれでしょ!ホンダ「CB1300」の2016年カラーに伝統のツートーンカラーが追加!

ホンダは、水冷4ストローク DOHC直列4気筒1300ccエンジンを搭載した大型ロードスポーツモデル「CB1300 SUPER FOUR」と「CB1300 SUPER BOL D’OR」に新色となるツートンカラー「チタニウムブレードメタリック」を加えて、2016年3月18日(金)から発売を開始した。

CB伝統のツートーンカラーを深化させ精悍なイメージを演出

CB1300 SUPER BOL D’OR チタニウムブレードメタリック

今回新たに追加される2016年カラーは、CB伝統のツートーンカラーを深化させ、精悍なイメージを演出するチタニウムブレードメタリックを主体色とし、上質感のあるキャンディープロミネンスレッドと組み合わせることで、落ち着きのある高品位なモデルとしての雰囲気を増加させた。

カラーバリエーションは計3色での展開となる

CB1300 SUPER FOUR パールサンビームホワイト

CB1300 SUPER FOUR ダークネスブラックメタリック

CB1300 SUPER BOL D’OR パールサンビームホワイト

CB1300 SUPER BOL D’OR ダークネスブラックメタリック

これにより、カラーバリエーションは「ダークネスブラックメタリック」、「パールサンビームホワイト」と今回の新色を合わせ、計3色での展開となる。

また、燃料タンクのウイングバッジとイグニッションキーエンブレムのベース色調には、明度を高めた明るいレッドを採用することで、ウイングマークの存在感をより際立たせている。

CB1300 SUPER FOURのカラー別金額

ダークネスブラックメタリック 126万1,440円(税込)

パールサンビームホワイト、チタニウムブレードメタリック 129万3,840円(税込)

CB1300 SUPER BOL D’OR

ダークネスブラックメタリック 139万1,040円(税込)

パールサンビームホワイト、チタニウムブレードメタリック 142万3,440円(税込)

2014年のマイナーチェンジで5速から6速へと進化を遂げたCB1300。

スタイリングとしては、シンプルでスタイリッシュなCB1300か、ハーフカウル装着で力強さを醸し出すボルドールかで好みが分かれると思うが、やはりこのカラーリングを切望していたファンも多いのではないだろうか。ちなみに筆者個人的には、CBXカラーも捨てがたい!

参考 –  Honda

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。