カフェレーサーも追って登場!? ホンダのニューモデル「CB150R ExMotion」は今春発表されたコンセプトモデルの市販バージョン!

今春ホンダ(正確には、A.P. Honda)がバンコク国際モーターショーで発表した1台のコンセプトモデルを覚えていますか?

東南アジアがアツい!ホンダ「150SS Racer Concept」は「GROM」がベース?

それは「150 SS Racer Concept」。総排気量150ccの水冷単気筒エンジン(と思われる)を搭載したカフェレーサーでした。詳細は上掲の過去記事に譲りますが……

全体的には流行のネオレトロな雰囲気を漂わせつつ、フロントフォークは倒立!そこに低めのバーハンドルとバックステップが組み合わされた、小さなカフェレーサーという佇まいでした。

「CB150R ExMotion」がタイでリリースされた!

そしてコチラが今回タイでリリースされた「CB150R ExMotion」です。

全体的なデザインイメージのみならず、シュラウドからガソリンタンクの処理、特徴的なスラッシュカットマフラーなどから、「150 SS Racer Concept」を踏襲していると言って良いでしょう。

搭載エンジンはコンセプトモデルに従い、総排気量150ccの水冷単気筒。

CBR150R用エンジン

てっきり、彼の地における人気モデル「CBR150R」用エンジンをそのまま搭載したと想像していたのですが、ボア×ストロークが全然違います。

「CBR150R」は63.5×47.2mmと極端なショートストロークですが、「CB150R ExMotion」では57.3×57.8mmとされています。

とは言え、完全新設計との言及もなく、彼の地で生産する150ccエンジンは他にありませんので、流用したものと思われます。

一方の車体回りですが、フレームも「CBR150R」のネイキッド版とすることなく、独自のダイアモンド型フレームを採用。

注目は41mm倒立フロントフォークでしょう。太っ!海外情報サイトによりますと、なんと「X-ADV」用ではないか、とのこと。リアはシングルショックとなります。

が、しかし……ハンドルバーは思いの外アップ気味のバーハンドル。カフェレーサーと言うには物足りない感じです。

細部にも手抜きなし!

もはや、あらゆるモデルの標準装備になりつつあるLEDライトを前後に採用しているほか……

メーターも、ご覧の通り、フルカラー液晶を採用!

一切の手抜きを感じさせない仕様となっています。

PVもリリースされていますので、そちらもどうぞ!

別バージョンが出てくるとの情報も!

カラーラインアップは、本記事に掲載した4色。

そして(これまた海外情報サイトによりますと……)なんと、この「CB150R ExMotion」はベースモデルであり、今後、カフェレーサーやスクランブラーが登場する、とのこと。

BMWモトラッドの「R nineT」のように、この「CBR150R ExMotion」を基幹モデルとして、続々とバージョン違いが出てくる可能性があるようなのです。

面白いが入りましたら、追ってご紹介しましょう!

参考-A.P. HondaYouTube; Honda CB150R – Exmotion : Life in Exciting Motion
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。