決定的に違うのは……ホンダ「CBR1000RR SP2 レースベース車」は市販車とアレが違うのだ!

ホンダが先日、ホンダ「CBR1000RR SP2 レースベース車」を発表しましたね!

今回は、本モデルが市販の「CBR1000RR SP2」と何が違うのか、リリースをベースにご紹介しましょう!

CBR1000RR SP2 市販車

さて、コチラがベースとされた市販車の「CBR1000RR SP2」。ベースといっても生半可ないと申しますか、(筆者のような)腰抜けライダーは乗ってみたいとすら思わない車両であります。と申しますのも……

本モデルは「CBR1000RR」の上級バージョンである「CBR1000RR SP」をベースとしており、サーキット走行やレースでの使用すら想定したモデル。エンジンを見ても、吸排気バルブ、燃焼室およびピストンを新設計した新型のシリンダーヘッドを搭載しています。

車体についても、マルケジーニ製アルミ鍛造ホイールを採用し、さらなるスポーツ性能の向上が図られているわけです。

CBR1000RR SP2 レースベース車

そして、その「CBR1000RR SP2」をベースにしているのが、今回ご紹介する「CBR1000RR SP2 レースベース車」。

ラジエーター、オイルクーラーなどをレース専用品に変更、レース参戦へのモディファイを前提としたパーツ構成とすると共に、レースに不要な灯火器などを取り外すなど、よりローコストでレースに参戦しやすいものとしています。

それでは、具体的には何処が市販車と異なるのかと申しますと……

  1. 灯火器類:廃止(ヘッドライトはケースのみ装着)
  2. ラジエーター:レースベース専用(高密度化)
  3. オイルクーラー:レースベース専用
  4. ウォーターホース:レースベース専用
  5. 排気系:排気バルブ、キャタライザーを廃止
  6. カウル類:塗装およびストライプ、一部のカウル類を廃止
  7. フューエルタンク:スチール製フューエルタンクへ変更
  8. フロントブレーキキャリパー:TOKICO製へ変更
  9. 前・後サスペンション:SHOWA製へ変更
  10. 前・後ホイール:ENKEI製へ変更
  11. メーター:北米向け仕様を装着
  12. その他:ABSシステムを廃止

とされています。

レースベース車は、より実践的な仕様だった!

レーシングマシンで最も大切な部分であるエンジンは、最強の「SP2」用を搭載。レースに不要なパーツを省略、高級機能パーツを一般品にしていることが分かります。

そして、もう一つ決定的に違うのは……それはお値段! 既に発表されている2017年市販モデルの価格は

  • CBR1000RR(マットバリスティックブラックメタリック):201万4,200円
  • CBR1000RR(ヴィクトリーレッド):204万6,600円
  • CBR1000RR SP(ヴィクトリーレッド):246万2,400円

なのですが、今回発表されたレースベース車は……178万2,000円! 圧倒的にプライスダウンを成し遂げているのでした!

参考-ホンダ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。