国内販売が開始!ホンダ「CBR250RR」は期待に違わぬ高性能だが、大事なアレが残念過ぎる!

250ccクラスのスーパースポーツで他社の後塵を拝していたホンダですが、遂に本格的モデル「CBR250RR」の国内販売を開始します!

今回は、多くの普通二輪免許ライダーが待ち望んでいた期待のニューモデル「CBR250RR」をご紹介しましょう。

「CBR250RR」は待望のスーパースポーツ・モデル!

「CBR250RR」は新設計の水冷4ストロークDOHC直列2気筒250ccエンジンを搭載した軽二輪スーパースポーツ・モデル。CBR“RR”シリーズの思想である「トータルコントロール〜操る楽しみの最大化」を共通の背景としつつ、250ccは「直感、体感、新世代“RR”」が開発コンセプト。スタイリングデザイン、車体、パワーユニットのすべてが新設計と、大変力の入ったモデルです。

本モデル最大の注目は、なんと言っても、ようやく登場した高性能ツインエンジンでしょう! 新設計された水冷4ストロークDOHC直列2気筒250ccエンジンは、低中回転域での力強さと高回転まで吹けあがる特性を両立しています。

ショートストローク化による高回転時の耐久性と静粛性両立のため、クランクシャフト、コンロッド、バランサーシャフトの各軸受にメタルベアリングを、またカムチェーン張力を安定させるダブルピボットテンショナーを採用。

車体前方から効率よく燃焼室に吸入空気を導入するダウンドラフト式吸気レイアウト、大径の吸排気バルブとスロットルボアの採用などで高出力化を図りつつ、低中回転域に配慮したバルブタイミング設定とすることで、低中回転域の力強さと高回転域の高出力を両立しています。

3室構造としたマフラーの2室と3室それぞれから排気管を設けた「デュアルテールパイプ」仕様により、低回転域は力強く、中高回転域は高揚感のあるエキゾーストサウンドとしています。

実は250ccクラスとしては初採用となる「スロットル・バイ・ワイヤシステム」を装備していることも見逃せません。電子制御の本システムを活かして、好みに合わせて選べる3つのライディングモードを設定。パワーフィールの明快な差を自在に堪能できます。

各モードへの切替えは、左ハンドルの「モードスイッチ」で操作。モードの切替えは走行中でもスロットルグリップを全閉にすることで可能です。選択されたモードはメーターの液晶パネル右側に表示されます。

フロントサスペンションは倒立式。スライドパイプ径をφ37mmとし、高い剛性と路面追従性に貢献します。リアサスペンションは5段階のプリロード調整機構を装備し、プログレッシブな反力特性が得られるプロリンクを採用。ライダーの好みやタンデムライディング時に合わせてアジャストも可能としています。

ちなみにフレームは鋼管トラス構造であり、スイングアームはご覧の通り、アルミ製です。

ウェーブ形状のディスクブレーキは、フロントにφ310mmのフローティングシングルディスク、リアにφ240mmのシングルディスクを採用。ABSもタイプ設定しています。

直線的な7本スポークデザインのホイールを装備。スポーツライディングに配慮して、剛性バランスの確保とバネ下重量の低減を両立しています。またタイヤには剛性の最適化とグリップ感を追求して、ラジアルタイヤを奢っています。

「CBR250RR」のカラーラインアップ

ヴィクトリーレッド

ソードシルバーメタリック

マットガンパウダーブラックメタリック

カラーラインアップは、ここに掲載した3色になります。

魅力的なモデルですが……

完全新設計、高出力エンジン搭載、デザインも魅力的な「CBR250RR」。その発売日は5月12日とされています。そして気になる車両本体価格(消費税込み)なのですが……

  • CBR250RR(マットガンパウダーブラックメタリック、ソードシルバーメタリック):75万6,000円
  • CBR250RR(ヴィクトリーレッド):77万7,600円
  • CBR250RR<ABS>(マットガンパウダーブラックメタリック、ソードシルバーメタリック):80万6,760円
  • CBR250RR<ABS>(ヴィクトリーレッド):82万8,360円

残念……最安でさえ75万円オーバーとは残念過ぎる。このクラスのモデルに興味を抱くであろう若手ライダーを嘲笑うようなの殿様プライスと言えましょう。業界最王手のホンダには、若手ライダー育成という視野に立って値付けして欲しかったところですね。

ほぼ同出力&同車重のヤマハ「YZF-R25」は55万6,200円ですから、その高さが際立ちます。この価格設定が、どう出るかのか……若手ライダーが判断してくれるでしょう!

「CBR250RR」のスペック

<>内はABSモデルです。

  • 全長×全幅×全高:2,065×725×1,095mm
  • ホイールベース:1,390mm
  • シート高:790mm
  • 車両重量:165kg<167kg>
  • エンジン種類 / 弁方式:水冷4ストローク直列2気筒 / DOHC4バルブ
  • 総排気量:249cc
  • 内径×行程:62.0×41.3mm
  • 圧縮比:11.5
  • 最高出力:28kW(38PS)/ 12,500rpm
  • 最大トルク:23N・m(2.3kgf・m)/ 11,000rpm

参考-ホンダ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。