謎は深まるばかり……ホンダ「CRF1000L Africa Twin Rally」は確かに存在したが発売されたのか?

「CRF250L RALLY」が絶好調のホンダが、今年の3月に「CRF1000L Africa Twin」をベースにしたラリーモデルを公開したのをご存知でしょうか?

それが「CRF1000L Africa Twin Rally」。海外のバイク情報サイトを大いに賑わせたのですが……

「Africa Twin Enduro Concept」

今回の情報の発信源はイタリア。昨秋のミラノショーでホンダから発表されたコンセプトモデル「Africa Twin Enduro Sports Concept」が思い出されますよね。

多くの海外情報サイトでは、この「Africa Twin Enduro Sports Concept」がイタリアはローマの「ホンダR&D」がデザインされていたことから、コレが呼び水となったと判断していたようです。

実際、筆者もそう考えていて、ホンダ・ヨーロッパの様々な関連サイトを探してみたのですが、残念ながら公式な情報を得ることができませんでした。

その後、待てど暮らせど公式情報は一切出て来ず……ところがですよ、先日、YouTubeを眺めていたところ、「CRL1000L Africa Twin Rally」の実車の姿が!今回は、”MotoDays”というモーターショーで展示された同車をご紹介しましょう。

「CRF1000L Africa Twin Rally」は存在した!

「チャオ、日本の皆さん!」とは言っていませんが、今回、本車両をご紹介してくれるのは、このおっちゃん。”moto.it”というイタリアの乗り物情報サイトの編集さんだと思います。

コレは”Paolo Cci”がアフリカ・エコ・レースに挑戦したときの「Africa Twin」。”Red Moto”が製作した車両です。ホンダは、これを市販しようと考えたのです。

そして動画では、隣に鎮座していた車両に説明が移ります。

コレが待望の「Africa Twin Rally」。やっぱり、あった!これまで見た画像はどれも白バックでしたが、それらはCGにしては出来が良すぎ、しかし広報写真とは思えない質の低さでした。

しかし、コレはどう見ても本物でしょう。実車は存在したのです。

おぉ、これが「CRF1000L Africa Twin Rally」のお姿!実にカッコいい!

おっちゃんが引き続きディテールを説明してくれますので、説明に耳を傾けましょう。

サスペンション・スプリングと油圧が変更されており……

エクセル・リムとスペシャルタイヤ(ブランド不明)、ブレーキパイプも変更されています。

そしてラリーと言えばコチラ!小振りなウィンドシールドを装備しており、もちろん公道走行も可能な3つのライト(LEDでしょう)を装備しています。

まだまだ説明は続きまして、薄目のシート、テルミのチタンエグゾーストのほか、堅牢なフットレストの採用、カーボン製のカバー類を装備。

それにより、ノーマルと比較して7kg軽量、5HPアップを達成しているそうです。

CRF1000L Africa Twin Rally 市販されたのか?

パワーアップと軽量化を果たしたうえ、ラリー仕様のカッチョいいデザインを手に入れた「CRF1000L Africa Twin Rally」。

おっちゃんによりますと「スタンダード・モデルは21,490ユーロ、DCTモデルは1,150ユーロ高で、3月からホンダが販売を開始するよ!」と、断言しています。

が……今日まで、発売が開始された、という情報は出て来ないのですよね。

「CRF1000L Africa Twin Rally」は夢か幻か。何かご存知の方は、コメントしてくださいね!

参考-YouTube; Honda Africa Twin Rally | Fiera Roma 2017 [ENGLISH SUB]
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。