新DOHCエンジン&チタン製タンク!ホンダ「CRF250R」2018年モデルがヨーロッパで発表!

2017年モデルがフルモデルチェンジを受けた兄貴分ホンダ「CRF450R」の2018年モデルは……

小型軽量リチウムイオンバッテリーを搭載!ホンダ「CRF450R&RX」の2018年モデルが発表!

小型リチウムイオン・バッテリーを搭載するマイナーチェンジでしたが……

「CRF250R」の2018年モデルは、フルモデルチェンジされました!

ホンダ「CRF250R」は2018年モデルでフルモデルチェンジ!

今回は、フルモデルチェンジを受けて大幅に戦闘力を高めた、ホンダ「CRF250R」2018年モデルを速報的にお伝えしましょう。

「CRF250R」2018年モデルの特徴は……

  • 新らしいDOHCエンジンの搭載
  • マスの集中化を果たした新シャシーの採用
  • チタン製ガソリンタンクの採用

の3点です。

ホンダ「CRF250R」2018年モデルの特徴

コチラが、その新搭載されたDOHCエンジン。

旧モデル比で、ピークパワーが9%もアップ!よりレッドラインは900rpm高められていますが、同時に回転域も広くとられています。総排気量249.4cc(ボア×ストローク=79×50.9mm、4.5mmオフセットシリンダー)の水冷DOHC単気筒エンジンは、8,500rpmを過ぎた付近から、パワー&トルクが増していきます。

この極端なオーバースクエアなエンジンは、吸気側33mm・排気側26mmという大径バルブ(チタニウム製)の採用を可能とし、その結果、混合気・排気の流量を高めています。

バルブリフト量も、吸気側10.5mm、排気側9.5mmと高められ、それでいてバルブアングルは更にコンパクト化されています。ロッカーアームにはDLC(Diamond Like Carbon)が施されており、耐久性と潤滑性能が高められています。

地味に、セルが装備されていたりもします。

その他にも、多数の変更が加えられており、詳しく書いてしまうとそれだけで記事が終わってしまうほどに力が入った新エンジンなのです。

続いては、もう一つの特徴である、マスの集中化を実現した車体回りを見て行きましょう。

メインフレームは剛性と柔軟性を丁寧にバランスさせたテーパー仕上げとされており、旧モデル比で340gの軽量化を達成。フロントの安定性を増しつつ、トラクション・フィーリングをダイレクトに感じられる仕様とされました。

旧モデルと比較してホイールベースは3mm短くされて1,486mmとされています。スイングアームピボットからリアアクスルまでの距離は15mm短くされて573mmとされています。

レイクは27.5度、トレールは116mmです。

2018 CRF250R

リアフレームは押出し成形アルミ製に変更されており、その結果、旧モデル比で20%の軽量化と、マスの集中化に貢献しています。シート高は6mm高められて957mmとなり、グラウンドクリアランスは5mm高められて327mmとなりました。

こうした各種変更により、車両重量(ウェット、燃料なし)は103.3kg、燃料ありで108.1kgとされました。

そして三つ目の注目ポイントはチタン製ガソリンタンクの採用。コレは「CRF450R」2017年モデルに採用されていたので予想されていましたが、やはり搭載されましたね。

「CRF450R」2018年モデルに新搭載されたリチウムイオン・バッテリーも、このタイミングで新採用されました!

各部の仕様は一気に450ccモデルに追いついた感じです。

フルモデルチェンジにより、一気に戦闘力を高めた「CRF250R」2018年モデル。

まだヨーロッパでも価格や発売日は発表されていません。国内発売がリリースされましたら、続報としてご紹介しましょう!

ホンダ「CRF250R」2018年モデルのスペック(EU仕様)

  • 全長×全幅×全高:2,183×817×1,274mm
  • ホイールベース:1,486mm
  • シート高:957mm
  • 車両重量:108kg
  • エンジン種類 / 弁方式:水冷4ストローク単気筒 / DOHC4バルブ
  • 総排気量:249.4cc
  • 内径×行程:79.0×50.9mm
  • 圧縮比:13.9
  • 最高出力:非公開
  • 最大トルク:非公開

参考-ホンダ(U.K.)
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。