フラットトラックレースから誕生した「FTR」マイルレースは時速230km!

そのままのスタイルで乗るのも楽しい。でも自分仕様にカスタムできればさらに楽しいはず。

ホンダが1984年、1985年にアメリカのAMAフラットトラックにおいてチャンピオンを獲得し、開発されたモデル「FTR」。

時速230kmでブレーキ装備なし?!

「フラットトラックレース」は、全米のトップライダー達が競うレース。表彰台を獲得するためには、かなりのライディングスキルが必要になります。

1周約400mのショートコースから1,600mのマイルレースまで4つの種目があり、ジャンプのあるコースのみブレーキ装備付きのバイクを使用。1周約1600mのマイルレースは、230km / hの速度になることもあります。

1980年代のロードレースで活躍した世界チャンピオンに、フラットトラックレースの出身が多いことでも知られています。

有名なMotoGPライダーたちがトレーニングとして取り入れているほどの過酷なレース。常に限界を超えて走ることが要求されるため「レースの原点」ともいえます。

レーサーレプリカに敵わず生産終了に

「FTR」は、1986年にフラットトラックで競技もできるモデルとして発売。当時はレーサーレプリカが主流で、アメリカでは有名な「フラットトラックレース」といっても国内での認知度は低く、競技用のイメージから販売不振。残念ながら1989年までに生産中止となりました。

1990年代の後半から「ストリートカスタム」が主流になり、FTR250やYAMAHAのTW200も人気車種に。この流れにのって対抗車種として発売されたのが「FTR」。

希少なトリコロールカラー

トリコロールカラーのタイプは、80年代に活躍したアメリカの「フラットトラックレーサー」をイメージしたデザイン。ワイドハンドルが特徴的で、ダート走行での安定性が確保されています。

エンジンは、XLR系の空冷RFVC4バルブ。最高出力19ps、軽量コンパクトな車体で扱いやすさにこだわったチューニングがされています。街乗りでもダートでも、気軽に思う存分走れるストリート・トラッカ―として人気のあったモデルです。

残念ながら生産終了となりましたが、根強い人気の車種。自分仕様にカスタマイズして乗るのも楽しそうですね。

「FTR」スペック

エンジン:空冷4st.OHC単気筒

全長×全幅×全高:2,080mm×910mm×1,115mm

最高出力:12ps / 7,000rpm

最大トルク:1.8kg-m / 5,500rpm

シート高:780mm

軸間距離:1,395mm

車両重量:128kg

総排気量:223cc

燃料タンク容量:7.2L

価格:スタンダード:42万1,200円

デラックス:44万2,800円

トリコロールカラー:44万2,800円

参考-ホンダ
smile

smile

楽しいとおもえる時間や空間が好き。趣味はバイクで自由気ままに走ること。車・映画・音楽・ファッション。色んな視点から走る楽しさを伝えていきたい。